みかみの国の王様。

俺がHappyだということを確認するブログ。

ジョブズの点と線。

ジョブズは今までの点が繋がって線となったと言うけど、点を繋げるように動いていたのではないだろうか?

 

あるいは、たかが人間なので、自分のできる範囲や得意な範囲が限られるためにどうしても点は結びつきやすいのではないだろうか?

 

俺は今、今までの人生の点(ちょっとだけやってやめたようなことや、少しだけのスキル、いわゆる伏線)を回収しようかと思っている。

 

伏線を完全に回収しなければ、人生に無意味なスキルが残ってしまう。

 

それをブレーキの遊びと呼ぶなら、遊びも大事な空間なのだが、せっかくなので自分の人生の伏線を点に繋げる作業をそろそろしてもいいのではないかと思っている。

 

今まで散らかしまくってきた伏線があちらこちに残っている。

 

これらを集めて、自分のものとしようかと思っている。

 

 

伏線回収は一人ではできないので、多くの人のお世話になると思うのだが、それも俺らしくて楽しそうだと今は思っている。

日本はすごい。

毎月、海外に行ってるってことは毎月日本に帰ってきてるってことなのだが、日本って本当にすごいと思うところがいくつかある。

 

1。空気がやばいほど綺麗。

 

最近、東南アジアの都会はどこも空気がやばいよね。

 

ホコリっぽすぎるもんね。

 

釜山でさえ日本より汚いと思う。

 

日本に帰ってきたら日本の空気の綺麗さに本当に驚く。

 

これ、空気売れるんじゃねぇ?

 

 

2。飯が殺人的に旨い。

 

なんで日本の食事はこんなに旨いの?

 

ラーメン、カレー、うどん、天ぷら、刺身、あと居酒屋の色々な食べ物。

 

マジでうますぎて狂い死にしそうになる。

 

 

3。物価が安い。

 

日本ってどうしてこんなに物価が安いの?

 

確かに発展途上国の飯は安いところもあるけど、クオリティが違うじゃん。

 

日本のすべてのものは結構安いと思うんだよね。

 

 

 

今、ノマドとかバックパッカーとか安くできるじゃん。

 

でもこれからどんどん高くなってくるじゃないかな。

 

ま、それは日本の経済力が落ちてくるからなんだけど。

 

 

おそらく究極的には選択肢は2つしかないよね。

 

日本にいて、幸せを探すことに重点を置く生き方。

 

世界基準の目を持って、バトルしながら経済水準を上げていく行き方。

 

 

どっちがいいんだろうね。

パスポート

パスポートは1回だけ増補と言って40ページ分増やすことができる。

 

前回のパスポートでは、スタンプ満タンにすることを狙っていたのだが、無理だった。

 

計算上は増補するだけで余分に120回出入国しないといけない計算になる。

 

増補したパスポートをスタンプで埋めるのは相当至難の技だと思う。

 

今回、俺のパスポートは最初から増補された状態でスタートした。

 

ヨーロッパのようにEUで一つしかスタンプを押してくれないケースがあったり、俺自身の体力のこと、スタンプを押してくれる国が減ってきていることなど考えると、俺のスタンプ満タン計画はラストチャンスだと思う。

 

今年は20回くらい海外に行く予定なので(3ヶ月で5回ペース)、これを数年続けて、かつ毎月1回以上10年間行き続ければ、満タンになると思う。

 

将来的にパスポートなんかはデジタルになって、どうせ廃止になるだろうから、結構レアなものになるのではないか。

 

パスポート収集家に買ってもらえるようにスタンプを集めておこう。

 

最後に、大学生のみんな。

 

俺のオススメの旅行先を書いておくので、行ってみて欲しい。

 

なかなか面白いよ。

 

タイ→チェンラーイ。

 

何と言ってもぶっ飛び寺院のワットロンクンがびっくりだ。

 

f:id:warumonost:20190205093938j:plain

メコン川もあるし、国境もあるし、少数民族もいるからめっちゃ面白い。

 

現地旅行会社はここがオススメ。

 

https://www.chiangraitravel.com/tour/

 

俺も難しい旅行や初めて行くコースなんかはこちらにお願いしてる。

 

 

 

 

シンガポール→リバーサファリ

 

f:id:warumonost:20190205094139j:plain

f:id:warumonost:20190205094205j:plain

 

これすごくない?

 

サファリ全体が川ごとの3つのエリアに別れてて、アジアの大河メコン川、アフリカの大河ナイル川、南米の大河アマゾン川エリアがあって、それぞれに生息する生き物の水族館になっている。

 

 

 

ラオス→ルアンパパーン

 

正確にはルアンパバーンというらしいのだが、どう聞いてもルアンパパーンと聞こえるので俺はそう呼んでいる。

 

f:id:warumonost:20190205094832j:plain

f:id:warumonost:20190205094921j:plain

景色がめっちゃ痺れるよ。

 

 

ま、他にも色々あるけど、知らないところは面白いよね。

 

日本から添乗員つけてぞろぞろ行くのもいいけど、とりあえず行ってみた。的な感じで行き当たりばったりなのも楽しいよね。

 

王様の禁酒ラマダーン終了。(リリック風)

王様の禁酒ラマダーン終了。

 

決心なんてこんなもの。

 

俺が見せる悪い見本。

 

お前らに伝える悪い例。

 

人間、誰だって続かない。

 

王様だって続かない。

 

だから続けるのが困難。

 

お金増えずに体重増える。

 

どこまでいくのか魔人ブー。

 

誰か教えて、禁酒の方法。

 

 

禁酒の薬がないという医者は俺より大きい体。

 

次のラマダン目指して生きる。

 

 

俺は一生イスラム酒教ー。

 

酒を作ったやつを呪う。

 

 

そんな俺は今日も狙うぜ。

 

酒税で日本の経済復興。

 

 

早く来てくれ次のラマダーン

 

早く来てくれ次のラマダーン

得意分野。

はーはっはっはっは。

 

皆の衆。

 

寂しかったか。

 

王様が帰ってきたぞ。

 

 

 

経営者に返り咲いて、いよいよ18日(18に意味はない)が経とうとしてる。

 

ちょっと俺が返り咲いた日のゴロでも作って、記念日にでもしとくか。

 

俺が経営に返り咲いたのは2019年1月12日。

 

「おいくら(019)?言い分(112)。」

 

よーし。

 

 

さて、気がついたのだが、たった18日しか経っていないのに、結構な本を読んだし、色々考えた。

 

どういう風に教えるか、伝えるかを考えてきた昨年よりも、確実に密度が高かったと言えるだろう。まだ18日なんだけど。

 

で、俺は考えた。

 

きっと俺は講師より経営に向いている人間なのだと。

 

 

ロールプレイングゲームだったら、戦士とか魔法使いとか職業あるじゃん。

 

今が人生RPGだとすれば、俺、きっと講師じゃなくて経営者の方が合ってるんだと思う。

 

ということで、講師は俺には向いていなかったので経営者に転職して、今年は攻める。

 

授業の方は、授業が俺より上手な先生たちにお願いして、俺は経営メインで考えまくろうと思う。

 

 

まず、みかみグループ号の進路を少し変える。

 

少子化、低通塾率化が始まってるのに、このままやる気はない。

 

俺はみんながやってることはやらないの。

 

誰よりも早く着手して、美味しいお汁をチューーーーッって吸うのが好きだから。

 

グループ全体がハッピーになるように、抜本的なことを考えるのが俺の仕事。

 

 

 

と言っても、秘密ーってなるとかわいげがないじゃない。

 

秘密なら書くなってことになるよね。

 

わざわざ「秘密」とかかれたブログを読むんか?って話じゃない?

 

それは経営者じゃなかった頃の俺のお話。

 

経営者の俺はバンバンに情報出して、バンバンに情報集めていく。

 

 

そこで俺は俺のアドバンテージを分析する。

 

希少性が大事なるので、下に行くほど希少性が高い。

 

0 インターネットをやっている(希少性なし)

 

1 学習塾を経営している(希少性C)

 

2 大学受験の化学を教えている(希少性B)

 

3 学びエイドをはじめとして動画を出している(希少性B)

 

4 本を出版している(希少性B)

 

5 人気者の星に生まれた(希少性A)

 

6 平均すると毎月1回以上海外に行く生活を続けている塾経営者(希少性A 、たぶんこれは日本一)

 

 

さて、この6つのアドバンテージを使って、何かをするわけだよ。

 

希少性が高いということは他人が真似をしにくいということだから、それだけ競争力が高いわけだ。 

 

下のアドバンテージを使う方がいいってことになる。

 

ITが発達して、ノウハウが簡単にわかる時代になったら、模倣されにくいアドバンテージが高いスキルを使わないと強者にミートされて終わっちゃうからね。

 

 とにかく人がいない方へいない方へと進んでいくのが正解だと思っている。

 

というわけで、長い間英会話をやってきたが、今日で一旦やめることにする。

 

英会話さらば。

 

みんながやっていることには、もはや大した価値がない。

 

 

 

今日からベトナム語を始めることにした。

 

さてと、ベトナム語のテキストでも注文しーよーーっと。

 

 

リンク(貞子)

最近、ネットの力ってすごいなって驚いている。

 

俺らが生きていたいた三次元世界の地理的空間を飛び越えて、四次元世界が形成されつつある。

 

つまり地理を超越し、色々な人と繋がることができるようになっている。

 

同じような思考、趣味の人が繋がることができるようになって新しいコミュニティが多く生まれている。

 

ああ、なぜ今頃気づいてしまっただろうか。

 

もっと早く気づいていれば、やりようがあったのに。

 

 

でも今、気づいちゃったので今からでもやりようがある。

 

わかったことを書いてみよう。

 

①ネットの力を全く必要としていない人、利用する予定のない人も多くいる。

 

②全く新しい人同士の繋がりが多く誕生している。

 

③直接会って知り合いになるよりも、知り合いになるための最初の障壁が著しく低くなっている。

 

 

ここからがメインだ。

 

超〜塾長はたぶん気づいていた。

 

俺の雰囲気を見て、超〜塾長はわかったんだと思う。

 

だから超〜塾長は意図的に俺にリンクを振ってくれてるんだと思う。

 

ネットの最大のパワーの一つはリンクだ。

 

リンクによって、知らなかった知り合いが一気に増える。

 

バズったりすると、ものすごい人数がその人に注目するようになる。

 

でも、俺は思うのだ。

 

バズの一発屋より、新しいコスモを生み出す方が長い目で見るといいなと。

 

 

ユーチューバーでは俺は最近、オオタTVと仲良くしている。

 

オオタTVと俺では、見てくれる層が違うはず。

 

でも、問題ない。

 

その中から一人でも俺に興味を持ってくれる人が出たらなって思うからだ。

 

そして オオタTVと一緒に成長していきたい。

 

 

リンクという概念は新しい(歴史は10年くらいだよね)。

 

リンクを意識して経営にいれている人はまだそんなにいないはずだ。

 

俺は今からリンクを経営の中に組み込んでいく。

 

リンクを駆使している人の最強は「まとめサイト」だと思っている。

 

俺もリンクを使って、みんなと共に成長していけたらと考えている。

 

 

 

 

あっ、ちなみに俺は塾経営に集中したので、「こういう授業がこうだ。」とか「こういう風に教える。」「こういう生徒が..」のシリーズは、もはや宇宙で一番興味がわかない。

 

自分からの判断より、他人からの判断しか経営には関係ないので、そういう観点からのリンクはものすごくいりません(誰かに文句つけてるわけではないので、よろしくね)。

俺が塾のコンサルなら。

1。広告はたくさん出しましょう。

 

2。校門のビラまきをできるだけやりましょう。

 

3。ポスティングをしてください。

 

4。塾の看板は大きくしましょう。

 

5。塾の中と外は綺麗にしましょう。

 

6。お友達紹介キャンペーンをやりましょう。

 

7。大きな声で挨拶しましょう。

 

8。親御さんへの面談等を欠かさずやりましょう。

 

9。清潔感のある服装にしましょう。

 

 

こういう誰でも言えることをもっともらしく言うね。

 

「本気で頑張らないと増えないよ。」って言う。

 

 

これは全部塾長の負担で、コンサルの負担ないからねえ。

 

広告いっぱい入れたり、ビラまきいっぱいやれば生徒は増えるからね。

 

 

 

ま、それで増やしたところで、疲労も増えるばかりなり(笑)。

ホームページが....

センター試験中は緊張で寿命が縮んでいたので、何も書くことができなかった。

 

 

ホームページ続編をお知らせしたい。

 

な、なんと....

 

あの万屋のたくやくんが本格的にやってくれていた。

 

感動なあ。

 

万屋のプロだなあ。

 

www.youtube.com

 

難易度がBランクになってる。

 

しかし、これだけの大仕事がBランクってことはSランクとかってなんなんだろう?

 

しかも最高ランキングのトリプルSってなんなんだろう?

 

 

俺はね。

 

ちょっと気がついたんだよ。

 

みんなとつるみながらやっていった方がネットの社会ではうまくいくんだよ、きっとね。

 

その方がシナジー効果を生むしね。

 

俺のアクセスがデカい方が俺に関わる人が喜ぶんだよ、きっとね。

 

だから俺はなるべくみんなとつるんでいこうと思う。

 

万屋のたくやくんのチャンネル登録をお願いします。ぺこり。

明日はセンター試験。

いよいよ明日はセンター試験だ。

 

明日に向かって努力をしてきた。

 

俺らの塾はトップ層の塾で、東大とか医学部とか今年も挑戦すると思う。

 

トップ層の塾なので、勉強時間も勉強への意気込みもトップ層だと思っている。

 

 

みんなベストを出して欲しい。

 

いよいよ明日から、メンタルとの戦いだな。

 

俺も11月から3月の10日までの130日間は1日も休まずに授業する。

 

 

苦しい受験生活を通じて、人生の武器を得て欲しいと願っている。

 

頑張れみんな。

 

www.youtube.com

 

ホームページの誕生か??

俺の塾にはホームページがない。

 

塾の外に看板もない。

 

まあ、そういうのはね。

 

いらないわけよ。

 

王様レベルになればね。

 

ただ、ホームページができるかもしれないことがおきまして、皆さんにご報告を。

 

 

 

 

さて、話は変わって、卒塾生の中に数人面白い子がいる。

 

たくやくんもその一人なのだが、こんなユーチューブを出していた。

 

www.youtube.com

 

どう?

 

面白くない?

 

そこで俺はラインを送ったわけなのだよ。

 

f:id:warumonost:20190116235243p:plain

 

 

はははは。

 

実は数ヶ月前にもワタミで一緒に飲んだんだけど。

 

 

 

 

そしたら、これが来た。

 

f:id:warumonost:20190116235405p:plain

 

(笑)

 

 

ユーチューバーのたくやくんに面白いページを作ってもらおうと思う。

 

乞うご期待。

 

 

皆さんもオオタTVにチャンネル登録よろしくね。

 

 

酒をやめたはずの王様。

あれ?

 

酒をやめたはずの王様が、すでに3回も飲んでる。

 

やめたはずなのでは...。

 

 

基本はやめているので大丈夫だ。

 

今までのように酒が飲みたくてたまらないという状況では全然ない。

 

 

昨日の飲み会はベトナムの人たちとの飲み会だった。

 

最近は地元にもベトナム人が増えて、色々不思議だったことが聞けてよかった。

 

やはり思った通りだった。

 

ただ、少し意外だったのは、もっと節約して生活しているのかと思ったところだ。

 

 

経営をやると決めてからアンテナが違う方向に向いてしまったために、欲しい情報が変わってしまった。

 

あと、気をつけないといけないことは、モチベーションの維持だ。

 

なんかやろうと思ったときのモチベーションは高いのだが、時間とともに減衰してしまう。

 

 

これを回避するには、読書などで自分の気持ちをいつも鼓舞させておくこと。

 

もう一つはワクワクすることを想像することだ。

 

とにかくうまくいって幸せを感じているところをいつもいつも想像しておく。

 

そうすれば潜在意識にインプットされて、あとは勝手に進んでいけるはずなだ。

 

ブレちゃあいけない。

 

うん。

 

ブレないようにね。

 

 

あと2〜3人、優秀な仲間が欲しいなあ。

 

今からやろうとしていることに対して、人がまだ少ない。

 

お金があればなんでもできるのだが、そうじゃない場合は頭を使うしかない。

 

 

もっともっと考えたいと思う。

 

 

センター試験まであと4日か。

 

みんながきっちりベストを出せますように。

経営者といえば、読書だろー

経営者になったので、また読書を始めた。

 

まあ、ここ数年間はだいたい1〜2週間に1冊くらい読んでいたのだが、ダメ。

 

遅すぎる。

 

経営者の俺には膨大なインプットが必要だ。

 

ってことで目標1日1冊ペース(時間がかかるものもあるので)で読んでいる。

 

 

変えるつもりで変えないと、中途半端にやってると動かないんでね。

 

俺が塾を始めたときに、勢いに任せて2年半で生徒を600人まで増やした。

 

今回のコンセプトは生徒を増やすことではない。

 

ただ、生徒が増えればいいとはかけらも思っていない。

 

 

「生徒を増やすんじゃなくて、子供の夢を増やす。」

 

みんなを賢くして可能性を増やしていく。

 

ここだ。ポイントは。

 

俺がブレたら仲間が迷うから、俺の中に究極の芯をまず立てる必要がある。

 

 

 

海外ツアーやら、教室間合宿などをやりながら、幅広い経験や考え方、そして根性を身につけて欲しいと思っている。

 

俺らの仕事ってすごいぜ?

 

だって、食堂だったら飯食ってうんこしたら終わりだろ?

 

俺らの仕事って子供の中に、ひたすら残っていくからね。

 

 

片っ端から読書していって、まずは俺の精神状態をハイにしよう。

 

夢やら可能性を広げていく仕事かあ。

 

ああ、幸せだなあ。

 

 

 

 

ところで超〜塾長のブログ読んでる?

 

面白いから読んでみてね。

 

集客に関して。

集客の考え方は色々あるが、俺は理由がいると思っている。

 

例えば、俺がうどん屋だったとするだろ?

 

俺の店の広告をいたるところに載せたとする。

 

そうするとお客さんが増えるじゃんか。

 

でも、これだと続かないと思うのだ。

 

続くためには理由がいるから。

 

「味がいい。」とか「安い。」とか「24時間営業である。」とか「近い。」

とか。

 

他人に説明するときに一言で話す塾の形容詞がね。

 

塾でも同じだろうと思うのだ。

 

 

広告を打ちまくれば、一時的に生徒は増えるだろう。

 

塾の場合はうどん屋のように、他の店と比べられることは少ないからそれでいいのかもしれない。

 

でも、俺にとってはそれはよくない。

 

 

「宣伝ばっかりしてる塾ね。」

 

おいおい、俺の大事な塾にそういう形容詞は適切じゃないだろう。

 

こっちは自分の名前までつけてやってるのによお。

 

 

 

だから俺は塾の特色をさらに明確にしていこうと思う。

 

俺の会社の名前知ってる?

 

正式な社名。

 

「愛を込めて・みかみ塾有限会社」っていうんだぜ。

 

ハートは社名として認められなかったから、・になってしまった。

 

そして有限会社ってところもすごく気に入ってる。

 

今や有限会社は作ろうと思っても作れない。

 

俺は会社を作った当時、お金がなかったから株式会社にすることができなかった。

 

いつか株式会社に変えようと思ってスタートした。

 

いつだったか有限会社がなくなるときに、株式会社にしますか?みたいな打診があったが、俺は有限会社を残した。

 

有限会社は長く続いている信用になると考えたからだ。

 

 

さて、しばらく授業の方にウエイトを置いていたから、全体のことについて考えていなかったけど、もう一度原点に帰って、「愛を込めて」という部分を強調した塾作りを構築したいと思う。

 

塾を選ぶのは結局人間で、塾を作っているのも人間だ。

 

そして、中学生から塾に来てくれている子は5年以上の付き合いになる。

 

学校のどの先生よりも長い付き合いになるだろう。

 

 

小手先の技で集客するのではなく、自分の子供も預けようと思ってもらえるような塾を作りたい。

 

そして「先生に会えてよかったよ。」と言ってもらえるような塾にしたいと思っている。

 

というわけでそういう感じの集客をしていくから。

 

元々のコンセプトに合ったやり方を展開していく。

 

 

子供は女が育てるものなのか?

俺は新幹線に子供が乗ってくるのはあまり好きではない。

 

子供にとっては旅行かもしれないが、俺には睡眠の時間であったり、読書の時間だ。

 

近くでぎゃんぎゃん騒がれると、悲しい気持ちになる。

 

ただ、子供にそれを言っても仕方がないので、我慢するのだが..

 

 

先日、すっごい賑やかな子供二人と両親が俺の後ろの座席に乗ってきた。

 

俺は3列シートの通路側。

 

子供二人とお母さんは斜め後ろの二人席で、子供二人を奥側のシートに座らせている。

 

お父さんは俺の後ろに座っている。

 

 

ひっきりなしに母親が子供を注意して、イライラがかなりやばかった。

 

かと言って、過度に注意しているわけではないので、要するに賑やかすぎる子供だったのだ。

 

父親は俺の後ろで、ずっとスマホをしている。

 

お母さんがあれだけ子供の世話をしているのに、父親は知らん顔。

 

お母さんも助けを求めるわけでもないので、いつもこうなのだろう。

 

 

どうなんだろう。

 

子供って二人で育てるものではないのだろうか?

 

 

俺は子供が生まれてから、産婦人科の検診には一度も休まずに付き添ったし、出産も立会いだった。

 

育児の本もものすごく読んだし、どういう風に育てていくかということに関してかなり考えた。

 

もちろん、出産入院している間は全て病院に付き添って泊まった。

 

 

里帰りしなかったので、俺が家にいる間のオムツの交換は何時であろうと俺が100%やったし、できる範囲の哺乳瓶のミルクも俺がやった。もちろん、毎回きちんとゲップまで確認した。

 

子供の爪は俺しか切ったことないと思うし、散歩や遊びも俺がいるときは極力俺がやるようにしたし、子供が小さいときはなるべく家にいるようにした。

 

幼稚園の参観日も全部出たし、毎日の風呂も高確率で俺が入れたと思う。

 

 

お母さんはただでさえ子供を産むという大仕事をやっているのに、産んだ人の責任で「お前が育てろ。」ってのはどうなんだろうね。

 

 

 

新幹線では後ろに座ってるお父さんに文句を言おうかとよっぽど思ったのだが、俺はそういうトラブルをよくやってしまうので、今回はやめといた。

 

世の中ではイクメンとか言って、わざわざ育児に協力してるお父さんに名前が与えられているが、なんかおかしいね。

 

 

ならば、イクママって言葉があってもいいはずだと思うのだが。

 

 

 

結局、人間って自分のことばっかりなんだよね。

 

....仕方ない。

 

たぶん、今日から経営をやる。

長いこと経営やってなかった。

 

そろそろ経営をやろうと思う。

 

なんで、経営をやってなかったか?

 

それは俺が幸せすぎてクソ豚野郎だったからさ。

 

 

そりゃあそう。

 

俺みたいな貧乏人出身の男が、ベンツに乗ったり、海外にガンガン行ったりしてたら、「もうこれでいいか。」ってなるぜ。

 

でも、この生活にも飽きた。

 

この生活も15年以上やってしっかり慣れたから、貧乏な記憶がそろそろ置き換わったんじゃないかってね、今の生活に。

 

そしたら、そろそろ我慢できなくなって次を目指したくなるってもんだろう。

 

 

今日から塾講師じゃなくて、再び塾経営者をメインでいこうと思う。

 

俺のライバルは塾講師や予備校講師じゃないからね。

 

授業に関することは他の誰かに言ってくれ。

 

今日から俺は経営者リターンズだから。

 

 

ああ、ブログもね。

 

もう世間のこととかどうでもいいから。

 

読んでもらおうとかアクセスとか、他人の評価とかどうでもいい。

 

 

そもそも法にも触れてないのに、ちっさい世界で非難し合っても仕方がない。

 

ツイッターなんて誰かが非難始めたら非難のオンパレードになるけど、それって日本の政治と同じ。

 

アラを探しても何にもならない。

 

 

そういう暇があるのなら、儲けることや楽しいことでも考えたら?って話。

 

最近、海外に行くと職業欄に teacher って書いてたけど、今度から PROPRIETOR と書くことにする。

 

個人経営者ってのは、いつもいつも経営のことを考えてる。

 

先生はいつも授業のこととか考えてるでしょ?

 

俺は今日から経営者に戻る。

 

 

先生じゃなくて、経営者のみかみ一桜を演じて生きていく。

 

 

今年に入ってからもはやいいことしかない。

 

運気が変わっていうのかな?

 

もう波に乗っていくしかない。

 

 

 

経営者として、俺の周りの全てのいろいろなことを変えていく。

 

ネットもリアルの友達関係も全部見直す。

 

 

このブログも俺のために書いてるけど、読みたい人は読んでいいよ。

 

とにかく去年までとは違う人生を歩んでいくことに決めた。

 

 

レールが動く音が聞こえてる。

 

違う方向に歩みを進めよう。