みかみの国の王様

お前はお前。俺は俺。

マルチポテンシャライト。

今日Facebookでの犬走先生のコメントにマルチポテンシャライトという言葉があった。

 

f:id:warumonost:20191017111053p:plain

 

初めて聞く言葉だ。

 

というわけで調べてみた。

 

www.ted.com

 

ふむふむ。

 

一番いいフレーズはここだな。

 

Fast Company誌は、適応力を21世紀で成功する上で 最も重要な技能だと評価しています 」

 

あとはマルチポテンシャライトが持てる3つのパワー。

 

1.別の分野のアイデアを統合することが容易なこと

 

2.初学から始めても成長が速いこと

 

3.異分野への適応力の高さ

 

 

そっか。

 

ブログを昔から見てくれている人はわかると思うのだが、俺は塾の内容のことをあまり発信しなくなった。

 

だからと言って生徒が減っているわけでも、生徒の質が落ちているわけでもない。

 

ただ、勉強のことや生徒のことを発信することに飽きてしまったのだ。

 

勉強や生徒に飽きたわけではない。

 

発信に飽きたのだ。

 

 

アクセス数もそうだ。

 

本当にアクセス数に興味がなくなってしまった。

 

好きなことを書けばいいでしょ?

 

ってそうなってしまったのだ。

 

誰かの役に立つことをなるべく書こうとか、みんなにわかって欲しいとか、そういう気持ちもなくなってしまった。

 

わかりたかったらわかれば?

 

くらいの気分になってしまったのだ。

 

 

今、俺はひなまな動画実行委員会のプロデューサーとして、何人かで動画を作っている。

 

これによって得られるスキルは計り知れない。

 

何をするのにどれくらい時間がかかるのか?

 

何ができるのか?

 

編集のことはわからないが、少しずつ形になっていく動画を目の当たりにして、これが勉強に応用できないだろうか?

 

どうやったら人に伝えやすくなるのだろうか?

 

そんなことを考えている。

 

 

黒板にチョークで書いていくのにはそれなりのアドバンテージがあると思っている。

 

だが、俺はその道は選ばない。

 

 

また、進路指導についても同じだ。

 

この学科に入ったら、どういう資格が取れるかとか、何になりやすいかという視点で見てきたが、そういう時代でもなくなった気がする。

 

この学科に入ることでダブルスクールはできるか?

 

あるいは専門を変えることはできるか?

 

どういう留学先があるか?

 

人生の変更はやりやすいか?

 

そういうダイナミックな視点も持ち合わせる必要があるのではないかと感じた。

 

 

 

 

ひなこちゃんもまなみちゃんも、勉強がよくできる生徒だ。

 

この二人が、今わざわざ違う領域の違うスキルを手に入れるために動き出したことは、まさにマルチポテンシャライトなのだと思うし、そういうニーズが世界で生まれていることを本能的に感じているのかもしれない。

 

ちょっと読み中の本が2冊あるのだが、今日の予定を動かして、早くこの2冊を読んでマルチポテンシャライトの本を買ってみよう。

 

 

犬走先生、ありがとうございました。

 

 

ひなまな動画韓国編!

こんな深夜に.....

 

我が実行員会によるひなまな動画第一弾が完成してしまった。

 

起きてたあなた。

 

超ラッキー。

 

日本初の世界一周女子高校生バックパッカーのひなまなの最初の国、韓国編。

 

お楽しみください。

 

www.youtube.com

 

 

 

なおクラウドファンディングは大募集中です。

 

https://hinamana1125.wixsite.com/sekaiissyu/blank-2

旅と中毒性。

俺は旅には中毒性があると思うんだよ。

 

でなかったら、これだけの人間が旅に出ないと思うんだよね。

 

ハマるとなかなか抜け出せなくなるよね。

 

 

自由にやればやるだけ面白いと俺は思ってる。

 

だから今、俺になんかのツアー旅行に参加してくれって言われても、もはや無理な話で、ユーチューバーたちが危険な場所に行きたがるっていうのもよくわかる。

 

10年くらい前に、スラム行くのにハマってた頃は、出来るだけ人が入ってないような場所、もちろん超危険な場所だと現地に精通している人に案内してもらいながら入るわけだけど、そういうところにワクワクを感じていた。

 

シベリア鉄道だって真冬に行くから、なんかすごさがあると俺は思うのだ。

 

 

ところで、ひなまなは韓国から台湾への移動が終了している。

 

我々、ひなまな動画実行委員会としては出来るだけタイムラグが出ないように全力で製作を行っているのだが、いかんせん韓国の滞在時間が短いために、なかなか苦戦している。

 

ひなこちゃんもまなみちゃんもおそらく、これで3回目だと思うのだが(1回目は高2の時にソウルに行って、2回目は先日の釜山での予防接種)、今回は大邱という、俺でさえ行ったことがない場所に行っているようだ。

 

しかもホテルに泊まらずにチムジルバンに泊まるという、「お前らプロか!」的なスタートを切ったようだ。

 

ちょっと見たい?

 

f:id:warumonost:20191016223743j:plain

f:id:warumonost:20191016223851j:plain

 

初日からチムジルバンなんて、そんな高校生いるんかなあ。

 

ちなみにチムジルバンを知らない人のために....

 

わかりやすくいうと健康ランドね。

 

温泉やサウナがあって、数種類の岩盤浴(向こうではオンドルだったり汗蒸幕だったり)がついてる感じ。

 

で、上の写真にあるように床暖房になってるから、そのまま雑魚寝ができる。

 

ちょっとした個室みたいになってるところもあるけどね。

 

今回はどうだったんだろう。

 

 

チムジルバンのゆで卵食おうね、って言ったけど食ったのかなあ。

 

 

さて、動画が完成したらアップする予定だ。

 

なるべく他の人が真似しやすいように、ルートを明らかにして行ってねってお願いしているので、ひなまながどういうコースで世界一周したかを残してくれると思う。

 

 

今日、アップできるかもしれないし、明日の午前になるかもしれない。

 

お楽しみに〜〜〜。

ひなまな出発。

www.youtube.com

 

ひなまなが世界一周へと旅立って行った。

 

これはひなまなが旅立つ前のひなまなゼロ(韓国まで予防注射に行って来た)の動画だ。

 

 

さて本文。

 

昨日、朝の10時24分だった。

 

ひなまなを見送るために地元の徳山駅に行った。

 

f:id:warumonost:20191015165352j:plain

 

高校生はいいね。

 

みんな明るくて生命力が溢れている。

 

みんなに送られる中、ひなまなは鈍行列車を乗り継いで福岡空港へと旅だった。

 

f:id:warumonost:20191015170503p:plain



2人はみんなと別れが寂しかったのだろう。

 

涙がしばらくは止まらなかった。

 

 

 

なんでわかるかって?

 

俺もその電車に乗って福岡まで見送りに行ったんだよ。

 

 

 

 

4時間後、無事福岡に到着した。

 

博多駅で3人で牛タン壮行会をやった。

 

f:id:warumonost:20191015170710j:plain

 

二次会は鼎泰豊で小籠包でやった。

 

f:id:warumonost:20191015170823j:plain

ひなまな、頑張れよ。

 

 

f:id:warumonost:20191015170849j:plain

 

それにしても、バックパッカー姿の自分の生徒って初めて見た。

 

ああ、今から世界に行くんだなあ。とこみ上げてくるものがある。

 

 

 

今から色々な国の色々なことを経験すると思う。

 

世界中の料理を食べて、世界中の人を見て、世界中の乗り物に乗り....

 

嬉しいこともあるだろうし、悲しいこともあるだろう。

 

でも一つ一つを高校生の頭で、心で受け止めてしっかり感じたり考えながら進んで行って欲しいと思う。

 

頑張れひなまな!

 

 

f:id:warumonost:20191015171416p:plain

f:id:warumonost:20191015171440p:plain

 

空港に着いてから、ゴロゴの社長をはじめ何人かの人が見送りに来てくれた。

 

ありがとうございました。

 

 

ちなみに今日のゴロゴライブでは、ひなまなが初登場する。

 

気になる方は22:45からのゴロゴライブにどうぞ。

 

22:45からですよ〜〜。

 

www.youtube.com

 

昨日、ひなまなは韓国の大邱に到着した。

 

今日は台湾の台北に移動中だ。

 

 

ユーチューブ応援チームは現在、韓国編を急ピッチで製作中だ。

 

ひなまな世界一周の旅を乞うご期待。

 

 

 

何が大切か。

今年は俺の中で大革命の年だと言える。

 

価値観のパラダイムシフトを起こすことができた。

 

幸福の勉強を皮切りに、いろいろと考え方を変えることに成功した。

 

嬉しくて仕方がない。

 

俺革命の歴史

 

18歳....独立革命(自分で生計を立てられるようになった)

20歳くらい....学歴革命(大学に行けることを知った)

34歳.....フリー革命(自分が自由に生きたとして食べていけることを知った)

52歳.....お金革命(お金がそこまで大切じゃないことを知った)

 

 

大切なものに優先順位がつくようなって、昔のような未知への漠然とした不安がなくなった。

 

貧乏で生まれたから、ずっとお金に対して不安があったのだが、やっと貧困コンプレックスを克服できたのかもしれない。

 

 

俺は東南アジアのスラムを色々見てきた。

 

スラムに住んでるからかわいそうと思うのは話が違うことに気がついた。

 

スラムに住んでいても、能天気に楽しそうに暮らしている人もたくさんいる。

 

未来のことや貧困のことと向き合うから苦しいのであって、向き合っていない人もたくさんいる。

 

また、ものがほとんどない山奥で暮らしている人も色々見てきたが、特に困っている感じはない。

 

未来のことを心配すれば困るのかもしれないが、山には豊富な食料がある。

 

そこらへんでとった薪に火をつけて、かまどで料理をしている。

 

確かに、文明から遅れているかもしれないが、別に楽しそうだからいいと思う。

 

電子レンジで温めているから、食器乾燥機を使っているから幸せということはない。

 

 

だからと言っていろいろなことから逃げようとしたり、諦めたりしているわけではない。

 

ルイヴィトンのカバンを持つことやベンツに乗ることが、俺にとってはもう重要ではないことに気がついただけだ。

 

高級クラブでお姉ちゃんにチヤホヤされてドンペリを飲むよりも、みんなと公園のベンチで発泡酒を飲む方が楽しいということに心から気がつけたということだ。

 

だから、みんなと発泡酒を気にせずに飲める環境を作るために頑張りたいと思っている。

 

 

このブログだってそうだ。

 

俺はこのブログのアクセスを増やそうと思ってはいない。

 

別にアクセスが1だろうと100だろうと10000だろうと今は関係ない。

 

誰に向けて書いているのか?

 

それは俺の子孫に向けて書いている。

 

それは卒塾生に向けて書いている。

 

「俺の先祖は何を考えていたんだろう?」「先生はどんなことを考えているのだろう?」それに答えている。

 

 

俺の頭の中から金儲けの思想の多くが消えた今、もはや人目はさらに関係ないし、自分がやりたいと思うことだけを発信できるようになった。

 

また、自分がやりたいと思うことに特化できるようになった。

 

 

 

俺は今年の「お金革命」を経て、より進化した生き方を送っていこうと思う。

 

 

 

とりあえず10年以内に俺の川、「みかみ川 (MIKAMI river)」を山口県に作りたいと思っている。

 

そして俺の村「みかみ村(MIKAMI village)」も建設していく。

 

イメージは頭の中にあるのできっとできるだろう。

 

みかみ村で、仲間のみんなや卒塾生、親御さんにビールやジュースを飲んでもらいたい。

 

疲れたときは、しばらく泊まって休んで欲しい。

 

 

 

俺は日本で一番海外に行っている塾講師として、俺だけの目を持っていると思っている。

 

俺の目カメラに撮ってあるたくさんの世界中の風景や暮らしの様子をアレンジして、みんなにお返しできるようなものを作りたいと思っている。

 

俺にしかわからない俺にしかできないものを作りたい。

 

他人を羨ましがったり、人の真似をしようと思うこと自体が俺じゃない。

 

 

というわけで、俺は進んでいくのであった。

 

もはや俺を評価するものさしは、世の中に存在していない。

ひなまな明後日出発!!

最終確認をやっている。

 

f:id:warumonost:20191012125135j:plain


東南アジアを通るコースのシミュレーションを何度も繰り返した。

 

ひなまなのイメージと俺の知識をできるだけくっつけて、一気に旅行のスキルを上げないといけない。

 

東南アジアで圧倒的に旅行慣れすることで、難易度の高い国を抜ける術を早いうちに身につけて欲しい。

 

安全が一番優先だ。

 

安全にできるだけ多くのことを感じて、学んで戻ってきて欲しいと思っている。

 

おおよそ、2ヶ月で東南アジアを終えてインドに入る計算。

 

トルコかイラン、アゼルバイジャンあたりで年越しなのではないかと見ているが、それもよくわからない。

 

 

あの二人は賢いので、きっと臨機応変にコース変更したり、トラブル回避とかできると思うのだが、やはりできる準備をきちんとやっておいて欲しいと思っている。

 

日本の女子高校生で誰一人、リュックサックを背負って世界一周した子はいない。

 

あの猿岩石でさえ、ユーラシア大陸しか横断していないのだ。

 

そして俺は南米大陸には一度も行ったことがないので、南米の知識がないので何も伝えられない。

 

 

 

 

二人が世界一周した後は、きっと世界一周のハードルが下がって世界一周する女子高生が増えることだろう。

 

それでも10年先くらいに世界一周するだろう女子高生をイメージしながら、多くの情報が残せるように、日本初めての世界一周女子高生でありながら、ハイクオリティの旅ができるように、何度も何度も二人と話した。

 

 

クラウドファンディングは140万円を超えた。

 

まだまだ目標金額に到達していない。

 

クレジットカード決済はもう終わったので、銀行振込しかできないが、支援してくださる方がいたらお願いします。

 

https://hinamana1125.wixsite.com/sekaiissyu/blank-2

 

あるいは直接渡してくださる方がいたら、明後日の月曜日、朝10時24分の鈍行列車で徳山駅を出発することになっているので、お持ちくださればと思う。

 

俺は、福岡空港まで見送りに行こうと思っている。

 

 

俺も塾の先生になって、18年くらい経過するがこんなことは初めてだ。

 

日本で一番海外に行ってる塾講師である俺の塾から、日本初の世界一周JKが旅立つのは嬉しいことだ。

 

二人にピンチがあったら、どこにでもすっ飛んで行こうと思っているが、できたら「余裕でした。」とか言いながら戻ってきて欲しいなあ。

 

 

 

というわけで、二人が日本にいる間のクラファンはあと少し。

 

どうか応援よろしくお願いいします。

 

 

応援くださってお名前をいただいた方は、ユーチューブのエンドロールに流させていただく予定です。ありがとうございました。

 

かすみ先生、 はちやま チャンプルー様、 ありさ先生、 としや先生、 竜ちゃん様、kumiko masumori様、Noriaki Masumori様、M.祖父様、M.祖母様、かりん様 KITTY RUN様、ハチロー様、かずま塾様、DrNERO様、佐々木 優吉様、あきこ先生、化学屋 こんどう塾様、松村彩夏様、松村理津子様、小林朋広様、宮地様、南 優花様、角谷泰之様、村中啓子様、村中博文様、みかみ塾先輩おちな様、桑原誠治様、桑原結香様、桑原鈴奈様、桑原伶帆様、Misako Kimura​様、光洋自動機(株)様、羊と鼠様、藤井様、藤井まりん様、あべ先生、すぎやま先生、西龍一郎様、大谷様、森脇和恵様、椎木法律事務所様、イチロー先生、古野 陽一郎様、伊藤 悠様、田中様、シンキチ様、田中一希様、今治総一郎様、ふじいなつき様、田原政和様、minori masumori様、蠣崎里奈様、網干様、合田一枝様、小林浩子&莉子様、野人レディース様、みかみ塾卒塾生 ゆめ様、しお様、大学受験kawaiラボ様、たもつBB 様、sports bar Peach pit 様、國立拓治様、F.祖母様、ウルトラマラソン普及協会様、川崎靖大様、ベトナム留学ドットコム​様、金近篤志様、なかもとみく様、4038様、Tokuyamap編集長 箭内奈津美様、川根翔太様、尾上かおり様、福谷朱夏様、弘中 理子様、嵯恵様、F様、吉村様、山本辰典様、なかむらゆうり様、梅舎様、久村壮次郎様

台風と俺。

ひなまながブログをそれぞれで書き始めました。

 

よかったらみてください。

 

ひなブログ。

まなブログ。(ランキンングに参加しているので、ポチってくださると嬉しいです)

 

 

また、クラファンの応援くださる方は僕にご連絡ください。

 

 

 

俺はなぜか天災とあまり縁がなく、山口県が天災中にはだいたい離れていることが多い。

 

実際、生まれてから一回しかすごい台風に当たったことがない。

 

今回の台風は相当すごそうだね。

 

今回のは中国地方には来ないから、冷静に書いてしまうけど許してね。

 

 

ツイッターを見てると台風情報に多く出会う。

 

特にガラス関係のツイートが多い気がする。

 

台風でガラスが割れることが結構あるらしい。

 

もはや爆風だ。

 

 

で、そういうときはガラスにセロテープやガムテープを貼らない方がいいんだと。

 

不思議な気がするが、テープを貼るとガラスの強度が下がるらしい。

 

テープを貼らないときには5400Paだった強度が、テープを貼ると3800Paまで下がるらしい.....70%か。

 

おお、すげえなあ。

 

 

また、もしもガラスが割れたとしても、ガラスが中よりも外に飛び散る可能性の方が高いらしい。

 

ベルヌーイの定理をご存知だろうか?

 

流体のエネルギーは保たれているというやつである。

 

ホテルでシャワーを浴びてると、シャワーカーテンくっついてくるときがあるよね。

 

まあ、あれなんだけど。

 

流速が大きい方が圧力が下がるから、一般的には速い方にガラスが飛び散るらしい。

 

物理とか化学とかって、日常生活で役に立つことってほとんどないけど、まあこういう感じでごく稀に役に立つ。

 

 

俺が会社にいた頃、台風の前には試薬が倒れないようにしたり、ボンベの固定とか結構大変だった。

 

関東、東北に住んでいる人、気をつけてね。

 

できる限りの用心をね。

世界中の好きな食い物。

ま、色々な国に行ってる俺でも、どうしても日本食が一番うまいと感じられる。

 

中でもCoCo壱やら吉野家やら、刺身あたりは究極のうまさだ。

 

俺が10回以上行ってる国で、これが一番うまいと思うものを書いてみよう。

 

その国に行ったら、食ってみて欲しい。

 

まあ、俺の趣味なのと、ブームとかは一切考慮していないので、ダサっと思う人がいるかもしれないけど、そういうのは関係ない。

 

韓国

 

f:id:warumonost:20191010200112p:plain

 

スンドゥブチゲ。

 

これは、韓国のみならず他の東南アジアに行ってるときもよく食べる。

 

銀の容器に入った白いご飯とセットで出てくるが、確実にうまい。

 

キムチが食いたいときに、キムチチゲを頼みたくなるが、やめた方がいい。

 

酸っぱいだけだ。

 

ビールはカスビールが好きだ。

 

f:id:warumonost:20191010200438p:plain

この左側のハイトも有名だが、断然カスの方が俺は好きだ。

 

 

フィリピン

 

f:id:warumonost:20191010200556p:plain

 

ポークシシグ。

 

シシグはポークだけでなく、ビーフとかクロコダイルとかまであるが、ポークがぶっちぎりうまい。

 

ビールはサンミグライトだ。

 

レッドホースというのも流行っているが、サンミグライトが一番飲みやすい。

 

f:id:warumonost:20191010201001p:plain

 

 

シンガポール

 

f:id:warumonost:20191010201106p:plain

 

定番すぎて面白くないが、フィッシュヘッドカレーとタイガービアーだ。

 

f:id:warumonost:20191010201211p:plain

 

 

タイ料理

 

これは好みが分かれるところだが、やっぱりタイに行って食いたくなるのは、グリーンカレーだ。

 

f:id:warumonost:20191010201328p:plain

 

ビールは昔はシンハーが好きだったが、今はLEOだ。

 

f:id:warumonost:20191010201429p:plain

 

カンボジア

 

食いもの.....特になし。

 

まあ、バーベキュー的なやつかなあ。

 

飲み物はアンコールビールだ。

 

f:id:warumonost:20191010201607p:plain

 

ベトナム

 

ベトナムはまだ10回行ってないかもしれない。

 

でも、安定してうまいのはバインミーだ。

 

すまん。

 

f:id:warumonost:20191010201717p:plain

 

ノーコリアンダーパクチーはいらない)というセリフを忘れないように。

 

ビールは難しいね。

 

f:id:warumonost:20191010201907p:plain

 

結構売ってるんだよ。

 

これが。

 

昔はバーバーバー(333)だったけど、今はタイガーかなあ。

 

すまん。

 

 

東南アジア全般で安定して好きなもの。

 

それはソムタムだ。

 

f:id:warumonost:20191010202128p:plain

国によって色々作りかたが違ってるが、タイのソムタムとミャンマーのソムタムが一番おいしい。

 

あとはココナツだ。

 

f:id:warumonost:20191010202246p:plain

水とココナツが同時に売っていたら、迷わずにココナツを飲む。

 

うまいね。

 

 

というわけで、みんなも食ったり飲んだりしてみてね。

 

番外。

 

最近見たゲテモノ。

 

f:id:warumonost:20191010202408j:plain

 

カメ

 

f:id:warumonost:20191010202444j:plain

 

ヘビ

 

f:id:warumonost:20191010202608j:plain

 

ネズミたち。

 

f:id:warumonost:20191010202652j:plain

 

コオロギ

 

f:id:warumonost:20191010202726j:plain

カラスなど。

 

だ。

 

 

 

以上。

時代が変わってゆく。

俺が子供の頃は、一流会社に入れば安泰と言われていた。

 

ま、そのために一流大学を受験するような風潮があった。

 

そして給料は年功序列で、年をとれば給料が増えていくから、一生懸命に勤めなさい。というのが常識だった。

 

もちろん副業なんか禁止だ。

 

俺が、35歳くらいの時に、近所の関連会社で副業が可となった。

 

ものすごく驚いたのを覚えている。

 

副業をすると残業とかにも制約が出てくるだろうし、飲みニュケーションにも影響するだろう。

 

副業イコール忠誠心の欠如ということになって、ある意味、企業側からの踏み絵か?とも感じたくらいだった。

 

でも、今は副業可の会社って多いよね。

 

そして、一つの会社にずっととどまる人も昔ほど多くなくなった。

 

 

 

さらに日本だけが経済発展が止まってしまった。

 

これによりGDP世界第2位から陥落して、さらにこのまま落ちていくかもしれない。

 

2050からは先進国にグループではいられなくなるという説もある。

 

どうなっていくんだろう。

 

 

まあ、俺の場合は自分の幸せや価値観を見つけたので、以前のような不安は一切なくなった。

 

たとえ先進国ではなくなったとしても、生活自体は楽になっているだろうから楽観している。

 

すごく貧しくなったとしても、田舎の土地が余りまくってるので、そこでゆっくり自給自足生活でもすればいい。

 

 

不安って不思議だよね。

 

周りの何が変わっているわけでもないのに、突然なくなったりするんだから。

 

不安の正体ってなんなのだろう?とか思ったりするよね。

 

 

 

というわけで不安もなくなったところで、一週間くらいブログをお休みしてみようと思う。

 

まあ、来週の金曜日くらいから再開する予定なので、みなさんよろしく。

 

ヘッド会。

f:id:warumonost:20191002192420j:plain


昨日はヘッド会があった。

 

俺らの塾はヘッドが集まってグループを構成している。

 

ヘッドはみんな社長だ。

 

 

年齢、経験は関係ない。

 

とにかく優秀な人、うまくいきそうな人、好きな人だけ組んでいく。

 

俺らのヘッドはまだこれだけ。

 

100人になるまで頑張ろうと思う。

 

 

そろそろ塾を超えた他業種にも進出していきたい。

 

塾だけだと文部科学省が「通塾禁止令」とか出された日には全員食えなくなってしまうからなあ。

 

突然の絶好調。

一昨日、授業中に突然幸せがこみ上げて来て、我慢ができなかった。

 

あまりにも我慢できなかったから、「みんなにも俺の幸せのおすそ分けをする。」と言って、1人1人に当てるたびに、超大げさに褒めまくってみた。

 

するとみんな笑顔になった。

 

本当にここまで笑顔になるのかというほど、変わった。

 

 

やっぱりほめまくるってのは大事なことだよね。

 

 

 

あなたもどうぞ。

 

homeraresalon.com

 

今日も1日楽しいといいですね。

 

俺に足りないもの。

昔、俺は化学くらいは100点取ろうぜって言いながら授業をしていた。

 

だけど、化学ⅠとⅡが化学基礎、化学に分かれてからは言えなくなった。

 

実際に100点を軽く取れる感じではなくなってきたからだ。

 

範囲が2倍くらいになってしまい、どう考えても浪人生有利になってしまった。

(浪人生は現役生よりも時間が多いために、浪人時代は現役時代の復習のような感じで勉強ができる)

 

さて、ここで考えてみたい。

 

 

旅についてだ。

 

俺は、すでに出来上がった国に行くのはあまり好きではないが、例えばフランスでフランス料理が食べたいとか、どこかのリゾートでゆっくりリラックスしたいという人も多いはずだ。

 

俺は、人がまだみたことないような風景を見ることや、雄大な自然ではなく、ちょっとした田舎、そして少数民族なんかを見るのが好きだ。

 

ラオスの知り合いがすごい写真をアップしているから、勝手にパクってみよう。

 

おっと、1枚目にパクるとフェイスブックの挿絵に出てしまうので、1枚目はどうでもいい写真をダミーとしてアップしておこう。

 

なるべくラオスの人が興味なさそうな写真がいいなあ。

 

f:id:warumonost:20190930162103j:plain

 

よし、ダミー写真投稿終了。

 

その人がフェイスブックに載せていた写真がこれだ。

 

f:id:warumonost:20190930162503p:plain

 

f:id:warumonost:20190930162516p:plain

f:id:warumonost:20190930162531p:plain

 

めっちゃ良くないか?

 

しかもこの記事をあげていたときの、文章がすごかった。

 

グーグル翻訳なので、どこまで正確はわからないが、私たちの小さな家ができました。

 

私たちの世界なので、遊びに来ないでください。

 

だぜ?

 

俺は、絶対に遊びに行くね。

 

おっと、話が脱線してる。

 

こういう風景を見るのが好きな人と、豪華な旅行に行ったり、のんびりするのが好きな人とは明らかに違うと思うのだ。

 

同じ国に行っても、体験して帰ってくることが全然違う。

 

 

 

授業でも同じようなことが言えるのではないだろうか。

 

化学の授業一つとっても、俺のようにささーっと説明する人間、丁寧に説明する先生、問題多めの先生、少なめの先生、いろいろな先生がいると思う。

 

ここら辺でいま一度、化学の授業のコンセプトをよく考えようと思う。

 

化学という教科はずっと同じでも、テストの範囲がどんどん変わってくる。

 

俺は宿題は出さないから、週に90分だけで化学を上げ切るというのは少々難しい感じがしている。

 

せめて毎週毎週やったことを定着させる努力はしないといけないのではないだろうか。

 

 

最近の授業ではコンセプトが薄れている。

 

もう一回考え直して、組み直してみよう。

 

そんなことをふと思った。

(1005文字)

抑えらなかったこと。

ameblo.jp  ↑  ひなまなブログをよろしくね。

 

 

さて本題。

 

今日はCoCo壱

 

チキンと夏野菜カレーは9月いっぱいだ。

 

なるべくCoCo壱で食っとかなければ。

 

俺は1人なので、当然カウンターだ。

 

俺がいつも行くCoCo壱にはカウンターが10席ある。

 

一番右側にはマンガが置いてある。

 

たぶん、トイレだろう。

 

その隣には人がいる。

 

その隣を一つ空けて座った。

 

つまり右から4席目に座った。

 

俺が座った後にどんどん入ってくる。

 

俺の左隣は空いているがそれ以外の左側の席は全部詰まってしまった。

 

つまり空いてる席は、俺の両隣。

 

俺は金髪なので、両隣が空きやすい。

 

そして俺の左隣に人がきた。

 

ちょっと臭いがきつい人だ。

 

カレーの時に臭いがきつい人が近くにいると、残念な感じになるんだよな〜。

 

ところで一番右のやつはまだ戻ってこない。

 

イスだけでいうと右から、空席、漫画読んでるやつ、空席、俺、あとは全員座っている。

 

よくよく考えると俺の左は全部詰まっているのに、右のやつだけが両隣空席だ。

 

もしかして、一番右のマンガはこいつが快適に食うために確保している席ではないのか?

 

だんだんイライラしてくる。

 

何度も右のやつを見ながら舌打ちしてるのだが、マンガに夢中で俺に気づかない。

 

それか気がつかないフリをしているのか。

 

すでにカレーを食い終わってるのに、熱心にマンガを読んでいる。

 

そいつが読んでるマンガは「はじめの一歩」の102巻だ。そいつのすぐ左側には100巻と101巻が置かれている。

 

一番右のキープ席をよく見ると103巻が置かれている。

 

こいつ読んでいないマンガを右に置いて、読んでるマンガを自分のところにおいているんじゃないだろうか?

 

っていうか、確定だ。

 

こいつのせいで、一番右の席に誰も座れない。

 

だんだんイライラしてくる。

 

俺はなるべく怒らないって決めているから、なんとしても平常心でいたい。

 

ただ、こいつの無神経さに頭にき過ぎている。

 

お前のせいで、俺の左側の人たちはぎゅーぎゅーで食っている。

 

しかも右のやつは30代だろう。

 

お前より年上の人たちが、左でぎゅーぎゅーにしているのがわからないのか?

 

俺が何度も右のやつを見るから、右のやつはこっちを見ない。

 

もしも、ここで文句を言ってCoCo壱に迷惑がかかってもいけないし、喧嘩になったら面倒だ。

 

とにかく気にしないようにしないといけない。

 

気にしない。気にしない。

 

 

全部食い終わった。

 

俺は全部食い終わったから帰る。

 

でも、食い終わったお前は両サイドを空席にして呑気にマンガを読んでいる。

 

 

だめだ。

 

もういい。

 

喧嘩になってもいいから、お前はここで矯正する。

 

もう店だってに迷惑がかかってもいい。

 

そのあと警察に行くことになってもいい。

 

俺は怒りを抑えることができない。

 

 

「おい。隣のマンガ誰の?お前、こっち見てみろよ、みんながびっしり座ってるのに....」

 

 

「すいません。」

 

そいつはすぐに本を自分の方に寄せた。

 

 

すみません、と言われてしまった以上もう責めることができない。

 

それで俺はその店を出たが、こういうのがすごく苦手なのだ。

 

前も空港のラウンジで、大声で電話し続けてるバカがいた時に、「ゴラァ」ってなってしまった。

 

なんでわからないんだろうか。

 

 

 

俺は自由人だが、公共の福祉のことは大事に考えている。

ひなまなyoutubeの予告。

200万円が現実味を帯びてきたような気がする今日のこの頃。

 

f:id:warumonost:20190928193515p:plain

f:id:warumonost:20190928193526p:plain

みなさん、ありがとうございました。

 

今、ちょっとクレジットカードでの応援はできないようですので、応援くださる方はお手数ですが、振込でお願いできたらと思います。

 

https://hinamana1125.wixsite.com/sekaiissyu/blank-2

 

 

 

さて、本文。

 

ひなまなの旅行中の動画見たい?

 

今までバックパッカーとして世界一周した高校生(男の子)はいるのだが、彼らは動画を残していない。

 

そりゃあそうだろう。

 

高校生は世界一周するだけでも相当大変なことなのに、その上、動画を残すのはさすがに厳しいだろう。

 

 

ところが、ひなまなの場合はちょっと違った。

 

ある日、ひなまなに「先生、動画送るから編集して。」と。

 

おい、俺だって仕事があるんだけど。

 

しかも編集ってめっちゃ大変そうじゃないか。

 

まあ、俺はひなまなの先生だからなあ。

 

 

 

というわけで俺らのグループの中にチームヒマtubeを作って、ひなまなと打ち合わせを重ねてきた。

 

ちょっとだけ見る?

 

f:id:warumonost:20190928200120g:plain

 

f:id:warumonost:20190928200157j:plain

f:id:warumonost:20190928200226p:plain

 

f:id:warumonost:20190928200553p:plain

 

どう?

 

期待できそうじゃない?

 

 

日本初の世界一周JKのひなまなと一緒に、あなたも世界一周できるのだ。

 


ひなまな世界一周動画以外にも、ひなまなの韓国予防注射編である「ひなまなゼロ」と、ひなまなが世界一周にいくきっかけとなったラオス旅行「ひなまな外伝」を作る予定だ。

 

ひなまな世界一周の行程は

 

日本→​台湾→ベトナムカンボジア→タイ→マレーシア→タイ→ラオス→タイ→インド→ネパール→インド→イラン→トルコ→ジョージアアゼルバイジャンアルメニア→トルコ→ブルガリアマケドニアアルバニアモンテネグロクロアチアボスニアヘルツェゴビナセルビアハンガリーオーストリアチェコ共和国ポーランド→ドイツ→フランス→スペイン→モロッコ→アルゼンチン→ウルグアイ→ブラジル→パラグアイボリビア→ペルーエクアドルアメリカ→JAPAN

 

ということだ。

 

あなたの知らない国の情報もきっとひなまなyoutubeを見たら、わかるようになるはず。

 

乞うご期待!

 

 

ひなまなとホリエモン

ひなまなの【最後の教室】みんなありがとう。...泣かす。

 

俺の高校時代と比べて違いすぎる。

 

俺は、日本の外に出てみようという発想もなかったし、そもそもそういう環境ではなかった。

 

そして、俺も約20年くらいこの仕事をやってきて、たくさんの子と海外に行ったが、「休学してまで世界一周する子」には初めて出会った。

 

一人がやると一気にハードルが下がるから、これから日本でも挑戦する子が増えるかもしれない。

 

ただ、高校生の女の子がバックパックを背負って世界を回るとどうなるかを知っている人は現段階では誰もいない。

 

まだ誰も挑戦したことさえないからだ。

 

 

 

ひなもまなも中学時代からみかみ塾に通ってくれていた子達だ。

 

4年目以上の付き合いなのでよく知っている。

 

二人とも文系なので、途中から俺の直接の授業はなくなってしまったが、廊下や自習室で出会うと話していた。

 

勉強がよくできる子達なので、かなりいい大学に現役で合格できたはずだ。

 

 

許可された親御さんの心中、そしてたまたま二人とも同じクラスだったために、担任の先生の責任のようなものも大変だったに違いない。

 

でも、俺は思う。

 

いや、親御さんのことを考えると、俺も思うと書く方が正しいかもしれない。

 

 

人生は一回しかない。

 

色々なことをするのにタイミングというものがある。

 

最近、ホリエモンが「時間革命」という本の中でこんなことを言っている。

 

「時は金なり」ということわざがある。

 

僕に言わせればこんなバカな考え方はない。

 

人間にとって何より尊いのは「時間」である。

 

「Time is money」というのは真っ赤な嘘である。

 

「Time is Life」なのだ。

 

 

俺は塾の先生なので、究極的には子供達を東大に入れることが仕事だ。

 

だから、今回の世界一周は塾の趣旨からすれば、逆のことをやっている。

 

だけど、勉強を通して頑張ることを教えている。

 

今回の世界一周の話は、色々な確率の掛け算をくぐり抜けたレアな出来事だ。

 

そういう意味ではチャンスと考えることもできる。

 

 

俺はこの子たち先生として、世界に行くことのきっかけを作った人間として、そして日本で一番、海外に行っている塾講師として、全力で応援している。

 

ひなまながクラファンのリスト見せてくれた時に、みんなの横には金額がちゃんと書いてあったのに、俺の横にだけ「無限」と書いてあった。

 

無限かよ〜。俺は。

 

ひなまなもこの旅行が成功するまで、きちんと応援しようと思っている。

 

 

また、この子たちが世界一周を成し遂げた後に、他の人ができないようにことにさらに挑戦して、多くの人を幸せするだろうということを信じている。

 

まあ、とりあえずあなたもこの記事を読んで、いいねしてあげて。

 

ameblo.jp