センター試験の期待値の意味。

センター試験を勉強していく過程で、考えて欲しいことがある。

 

例えば化学の場合、ほとんどが5択か6択だ。

 

生徒のみんなは合ってるか違ってるかに集中するはずだが、視点を変えてみて欲しい。

 

選択肢が5個あるとする。

 

最初はチンプンカンプンだから、どれが答えか全然わからない。

 

適当に答えを書くしかない。

 

だんだん賢くなってくると、できる問題が増えてくる。

 

そして得点率が6割くらい超えると、あと2つくらいまでに絞れる問題が多くなる。

 

絶対に違う問題を3問くらい除外できるのだが、ラストの2つが決められない状態となる。

 

確かに、合えば◯で合わなければ✖️の話かもしれない。

 

だが、実際は二つまで絞れたことに本当は意味がある。

 

 

期待値で説明する。

 

1問4点の問題で5択の問題を想定する。

 

適当にマークすると、期待値は0.8点(4/5)。

 

つまり、1問0.8点はどんなに適当に書いたとしても最初からもらえている。

 

ところが、2択まで絞れるようになると、期待値は2点になっている(4/2)。

 

2択まで絞っただけで、その問題は2点もらえたのと同じことになるのだ。

 

全部の問題に関して本当の答えがわからなくても、2択まで絞り込めたらそれだけで50点になる。

 

それ以外に1問だけ自力で答えたら、全国の平均点になる。

 

 

◯✖️だけで考えると凹むときも多いが、実際は期待値の積み重ねで自分の点が構成されている。

 

点数が50点の子は、半分がわかって半分がわからない問題だったというわけではない。

 

わかった問題もあるかもしれないが、それ以外は期待値が積算されてその得点になっている。

 

 

俺はマークであっても、◯か✖️だけの単純な話ではないと思って授業している。

 

だから、正解の選択肢を選べ。とあっても必ず不正解の選択肢を不正解とした理由を確認している。

 

もちろん全ての問題に関してだ。

 

 

模試とか受けていると、解答がなかなか選べなくて絶望する時がある。

 

だが、勉強を続けていれば、間違っている選択肢を排除する力がついていくはずだ。

 

たとえ✖️だったとしても、除外できる問題が増えていればそれだけでも意味がある。

 

 

まだまだ上げられるはずだ。

 

頑張って欲しいと思う。

 

大したこと。

最近思う。

 

多くの人間って、本当に大したことはできずに死んで行くんだろうな。って。

 

全ての人が画家だったとする。

 

後世に絵を残せる人は、小さい小さい一握りなんだろうって。

 

 

俺はきっと握られない方の大多数のグループ。

 

だったら、どうやって生きてゆくのがいいんだろう?

 

 

思えば、ずっと貧乏だった幼少から祖母に「貧乏は三代続かないから、あんたの代できっと貧乏から抜けられるよ。」って言われてた言葉に従おうとしていた気がする。

 

俺はすでに貧乏から抜け出している。

 

それが俺が天から与えられたミッションだったのかな。

 

 

俺は長男の長男の長男の長男だが、俺の代で俺が引き継がなければいけない「みかみ家」のバトンは終わらせる。

 

一つは家名だとか墓だとか、姓が変わることとかに疑問を感じているからだ。

 

墓なんかいらない。

 

死んだら二酸化炭素と水になって終わり。

 

霊魂なんかあるわけない。

 

そんなものがあったら、質量保存の法則がぶち壊れてしまう。

 

 

昔、利己的な遺伝子という本に「人間でさえただのベクターである。」という記載を見て驚いた。

 

全ての生き物は進化していくために、世代を引き継いでいる。

 

世代を引き継ぎながら、環境に合わせて進化している。

 

 

俺も世代のバトンを子孫に渡している。

 

その中でジョブズのように革命を起こすものもいれば、俺みたいにほとんど変化なく次の世代にバトンを渡す奴もいるだろう。

 

ただ、今よりももっと未来が明るくなるように、ほんの少しだけでもいいから、ハッピーを残して死ねたらいいと思っている。

 

センター試験も近づいてきた。

 

 

俺の楽しみは、センター試験を経験して強くなった子供達が、未来に活躍してくれることだ。

 

今はしっかりできる限り苦労して、そして乗り越えて欲しいと思っている。

 

それを毎年続けることが、俺の中の大したことだろうって俺は思ってる。

成績を上げることは難しいと言うことを最初から知って欲しい。

「先生、なかなか上がりません。」

 

よく言われる言葉だ。

 

そう。

 

成績はそう簡単に上がらないのだよ。

 

「実践問題集を1冊完璧にやりました。でも、上がりません。」

 

そんなに簡単に上がらないって。

 

俺なんか浪人してる時、80冊やったけど結局80点しか上がってないんだから。

 

1冊1点くらいのパワーしかないんだよ。

 

そういうのって。

 

 

成績が軽く上がると思ってる子は、本気出せばなんとかなると思う。

 

なんとかならないんだって。

 

 

だから、俺らがこんなに苦労してる。

 

 

ダイエットだってそうじゃん。

 

痩せられてもまた太るでしょ?

 

禁酒だってそう。

 

一瞬やめれても、また飲んでしまうでしょ?

 

でも、それよりももっともっと勉強は大変だと思う。

 

ダイエット<禁酒<<<勉強

 

 

俺が大学に合格したばかりの時に、よくいろいろな人から言われた。

 

「工業高校から大学に行くなんてすごいね。私も下松工業高校から大学行った人知ってるよ。」

 

「知り合いでね。あなたと同じように下松工業から国立大学に行った人がいるの。」

 

わりい。

 

それ全部俺。

 

俺が合格した時に、校長先生から電話がかかってきて校長室に呼ばれた。

 

「戦後の歴史で、国立大学に合格したのは君が初めてだ。我が校としても誇りだ。」って。

 

だから、その噂は全部俺の話なの。

 

何が言いたいか?って。

 

 

それだけうまくいく事例が少ないのに、多くの人は頑張ったら簡単になんとかなるって思ってること。

 

最初から、「勉強は超大変だから、上がって行くためには相当の努力がいるんだ。」と覚悟決めてスタートして欲しいってこと。

 

 

苦しくて当たり前。

 

勝つための仕事してるわけだから、楽にできるはずがない。

 

楽にできることはみんなにもできる。

 

みんなができないってことは楽じゃないってことだ。

 

 

最近、留学する日本人が減ってるらしいよ。

 

多くの外国ではむしろ増えてるのに、日本だけが減ってるらしい。

 

おい。

 

留学しようぜ。

 

世界の奴らと戦おう。

 

 

俺も昨日、あることに気づいてしまった。

 

勉強動画は確かに多いのだが、専門的な内容になるとカーンアカデミーの動画を見るしかなくなるってことに。

 

大学レベル以上の内容の講義は日本では、あまり研究されていないように思う。

 

確かに大学受験の動画は多いと思うが、特に難しい内容は外人がアップした動画を見て勉強するしかないのだ。

 

ってことで、俺もカーンアカデミー見て、勉強することにした。

 

 

まあ、俺は英語はそんなにできないが、たくさん海外に行っているのでそれなりにハードルは低いと思っている。

 

これも結構大変なわけだが、なんとかなるだろう。

 

と信じて今日も頑張るぞー!

 

をー!

 

化学オリンピック。

中学から一緒に勉強してきた生徒が化学グランプリの最終候補になっている。

 

この選考に勝ったらチェコスロバキア大会の日本代表になる。

 

まだ高2なのにすごくないか?

 

ただ、質問してくれる内容が、俺がいつもみている大学受験と違いすぎて若干骨が折れる。

 

f:id:warumonost:20171015125351p:plain

f:id:warumonost:20171015125402p:plain

 

チェコに行ってくれると嬉しいなあ。

未来と英語。

若い人は今の俺らが考えつかないことを、当たり前のように考えているはずだから、ある意味進化していると思う。

 

昔から英語が重要になると言われているが、どうなんだろう。

 

俺が会社に入った時から今までに比べて、英語って重要になったのか?

 

例えば、楽天とかファーストリテイリングとかは社内公用語が英語だったよね。

 

調べてみよう。

 

おお。

 

TOIECの平均点が794点になったらしい。

 

英語公用語化計画をスタートした年は平均点526点だったらしいからすごいよね。

 

全社員の平均が約800点って。

 

かなりすごいね。

 

連結の売り上げも見てみよう。

 

おっ、毎年売上が上がってるぅ。

 

でも、利益はここ数年下がってるね。

 

 

俺みたいに、しょっちゅう海外に行ってれば英語使うときもあると思うのだが、普通の人ってそこまで英語使うのかなあ。

 

ただ、世界が繋がりつつあるから、もっともっと外人が日本に入ってくると思うんだよね。

 

今までは「あっ、外人がいる。」みたいな感じだったけど、なんとも思わないようになってくるんだろう。

 

日本の科学技術が遅れ始めてるとすれば、今度は日本は観光にめっちゃ力を入れればいいのにと思う。

 

シンガポールみたいに世界中から人を呼びまくればいいと思う。

 

カジノもどんどん作って、観光地もガンガン作っていけば、世界を代表する観光国家になれる可能性はあると思うんだけどなあ。

 

何と言っても、和の文化がかっこいいし。

 

 

おっと、話はそれた。

 

俺らが中学生の時から学校で英語は習ってるし、今の子供達も習っている。

 

習っている内容はほとんど変わっていないと思う。

 

ってことは、これから先も授業に関してはそこまで変わらないんじゃないかな。

 

英語がもっと普通になってきたとしても、英語好きな人が一生懸命に頑張るだけであって、成績があまり良くない人は結局、ほとんど話せないままになるんじゃないだろうか。

 

4技能とかなんとか言って、国が英語に力を入れるのであれば、楽天のように思い切って公用語を英語にすればいいのに..って思う。

 

大丈夫。

 

公用語を英語にしたって、必ず日本語も使うから。

 

使える言語が一つ増えるようになるだけだと思う。

 

だって、フィリピンだって公用語英語だけど、現地語も普通に話してるからね。

 

 

若い人だって、昔に比べて今の方が忙しいとかヒマとか、そんなに変わってないと思う。

 

車でいうと、ウインカーの色変えました。

 

バンパーを大きくしました。

 

くらいのマイナーチェンジじゃなくて、電気の車mustです。

 

くらいのフルチェンジしないとダメな氣がするなあ。

部屋愛その1

俺は自分の部屋を愛している。

 

俺のことを知ってるやつはわかると思うが、俺は自分の部屋に他人を入れない。

 

ホワイトボードに根性とか書いてあるので、誰にも見られたくないし。

 

そもそもここは俺の精神世界の中なのだ。

 

 

俺が会社にいた頃、俺は結構貧乏だった。

 

同期にはお金を結構貯めているやつもいたが、俺は貯金がゼロだった。

 

おかしくないか?

 

同じ給料をもらっているはずなのに、貯められるやつと貯められないやつがいる。

 

まあ、当たり前か。

 

俺の趣味はダンスで、暇さえあればDISCO(今でいうクラブ)に行ってたからね。

 

チャラいスポーツカー乗り回して、ナンパばっかりしてたから。

 

 

金貯められるやつは、趣味がテレビだって言ってた。

 

ずっとそれが羨ましかった。

 

趣味テレビって....

 

どんだけお金がかからない趣味なんだ。

 

ただ家に篭ってられるなんて、そりゃあ羨ましいでしょ。

 

 

でも、俺は今、「趣味テレビ状態。」になっている。

 

インターネットのおかげだ。

 

だから、このムードを大事にしている。

 

 

インターネットさえあれば何時間でも過ごすことができる。

 

ありがたい。

 

 

ただ....

 

ただねえ.....

 

今は忙しすぎて、インターネットさえゆっくりできなくなっている。

 

 

「趣味テレビ状態」を通り越してワーカホリックだ。

 

やべえな。

 

 

早く脱出しなくては....

 

 

でも、仕事があることには感謝だ。

 

授業行ってこ。

旅行ピンチ。

卒塾旅行の飛行機を抑えようとずっとウォッチしている。

 

いい飛行機が出てこない。

 

毎年お願いしている旅行会社があって、生徒の増員とかある程度融通がきくのはいいんだが、いつものごとくレスポンスが遅いから、その間に他の会社のチケットが消滅してしまう。

 

時期を逃すと飛行機代が高くなって、赤字がひどくなる。

 

しかも今回は初の「象使いになろう旅行」なので、俺にとっても難易度が高い。

 

ちなみに最近、生徒から「海外に行きたいです。」と言われることが多くなった。

 

それで夏もソウルに行った。

 

 

今年は、春に4つの旅行を計画している。

 

1 中学生卒塾旅行(毎年恒例のやつ、今年はラオス

 

2 高3生希望者卒塾旅行(タイ)

 

3 高3生卒塾旅行(韓国)

 

4 在塾生行ってみませんか旅行(カンボジア

 

 

これらの旅行は引率の俺らも自腹を切っている。

 

子供達を引率したらわかると思うが、ものすごい責任の重さだし、ずっとみんなをみていないといけないので、あまりに緊張して毎年熱が出ている。

 

それでも行きたいと思うのは、子供達にとってはものすごくいい経験だと思っているからだ。

 

例えば、15歳で万里の長城の雄大さに気づいたり、悠久の歴史に思いを馳せたりすることってその後の人生に何らかの影響があると思うんだよね。

 

70歳になって、「今から頑張るぞー!」って思うのと15歳の目で見るのは俺は違うと思っている。

 

俺も30歳くらいだったかなあ。

 

万里の長城の一番高いところに立った時、風が360度から来て、「ああ、始皇帝もこんな感じで風を感じたのかなあ。」「何を考えてこんなにすごいことしたんだろう。」とか考えた時、グレイトな男になろうと360度の山々に誓ったものだった。

 

 

生徒を海外に卒塾旅行に連れていくノウハウを持ってるのは、たぶん日本で俺らともう一つだけだ。

 

旅行会社に頼めば、海外旅行はできるだろう。

 

でも、塾の先生が生徒のことだけ考えて作った旅行は他にはないと思う。

 

 

飛行機の手配、ホテルの手配、どこにいくかの手配、その他移動手段の手配色々大変だが、みんなのことを考えると頑張れる。

 

みんなに喜んでもらえる旅行にしたいなあ。