みかみの国の王様

お前はお前。俺は俺。

そして俺は行き着いた(途中まで)。

いろいろなものを手に入れたくて、塾を始めた。

 

少ししてブログも書き始めた。

 

ブログを書いて20年くらいになるか、最初の頃はなんでもかんでも「イエーイ!」でよかった。

 

だって、すぐにうまくいったんだもの〜。

 

1ヶ月くらいしか苦労してないんだもの〜。

 

あっという間に目標の白いベンツが買えたんだもの〜。

 

 

一瞬で幸せになった俺は、その生活に慣れ始めるのである。

 

豊かな生活に慣れ始めてから、「幸せとはなんなのか?」を自分に問い始めた。

 

なんとしても貧乏から脱出したかったはずのに、今度は幸せがわからなくなった。

 

もちろん、毎日が楽しい。

 

だけど、方向性がわからなくなった。

 

何を目指せばいいのか?

 

何になりたいのかわからなくなってしまった。

 

幸せの本質を知りたくて幸せの本を読むようになった。

 

いろいろわかったね。

 

じわーっとわかったね。

 

この歳になって。

 

 

俺が思う幸せとは.....

 

 

まずひとつ、若いうちに幸せをわかることは難しい。

 

それでも幸せを知りたければ、誰から習った方が早い。

 

幸せがわかってる人の気持ちになり切って、その人が捉えている幸せを理解した方がいい。

 

その人の幸せがわかっても、100%自分と同じにはならないが(後述)

 

 

もうひとつ

 

幸せはお金ではない。

 

お金で買えているものは幸せではない。

 

お金で買えるものは、満足である。

 

 

最後、幸せは人によって同じではない。

 

だが、おそらく幸せだと感じている多幸感のような感覚は近いと思う。

 

 

 

俺が幸せのことを考え続けて、行き着いた俺の思う幸せは「幸せとは結局人である。人との関わりである。」ということだ。

 

若いうちは、お金持ちになりたいいう気持ちが強かった。

 

だけど今は、お金持ちを目指してはいない。

 

でも、幸せを目指している。

 

なぜなら、俺が幸せになるために俺独自の計算様式(わかりやすく言うと幸せ通貨)を見つけたからだ。

 

俺の通貨は俺だけのレートなので、人からみると価値がずれているかもしれない。

 

だけどずれていても何の問題もない。

 

もはや俺のレートは揺るぎないからである。

 

他人に良いものでも、俺に無価値なら興味がない。

 

 

例えば、俺はしょうた先生と一緒に飲むことが多い。

 

俺はここには価値があると考えている。

 

仮に、しょうた先生の飲み代を俺が全部出すことがあったとしても、俺には飲み代以上の幸せがある。

 

俺がしょうた先生と飲むことは、俺のお金を減らしているわけではなく、俺の幸せを増やしていることなのだ。

 

すべてのものには値段がついているが、俺のなかにも俺のレートの値段がついている。

 

だから俺は幸せを増やし続けている。

 

 

お金を狙ってがんばったり、名誉をねらってがんばることも確かにいい。

 

だけど、俺は俺の数式に従って、幸せに近づいている。

 

だれからも理解されないはずだ。

 

だって人によって考え方が違うのだ。

 

 

だけど、俺は揺るぎない自分の信念をみつけてしまった。

 

もうこれで、一生幸せであることが確定してしまった。

 

 

 

俺から幸せを学びたいやつは、俺と何度も飲んでみると伝わると思う。

 

「幸せとは何なのか?」が。

 

生徒の場合は、旅行についてきたらわかるだろう。

 

そのときはできるだけ、少人数でついてくることだ。

 

大人数だと「子供同士の旅行」になってしまうから。

 

 

さて、授業まで部屋を片付けようと思う。

 

俺が幸せを実現しやすい配置にしよう。

ディメンジョンを増やすこと。

世の中が多様化している。

 

競争が複雑化しすぎてて、何が幸せで何が不幸せなのかわからなくなってきている。

 

っていうか、貧しかった国が高度経済成長を経て豊かになったと思う。

 

お金は貧富を測る唯一の尺度であったが、それも崩れ始めている。

 

他にもフォロワーや、環境(田舎暮らしや海外暮らし)や趣味なんかの尺度がある。

 

これは、世の中がiPhoneのようにすでにオーバースペック時代に突入してしまったからだと思っている。

 

 

歌ひとつとってもそうだ。

 

昔はカラオケに行ったら、新しい歌を覚えて一生懸命に歌っていたが、今は平成や昭和の歌も受け入れらる。

 

俺みたいに、ちょっとヤンキーっぽい感じの服で会議に出ることもできるし、レトロな車に乗っている人を見て「かっこいい」と思ったりすることもある。

 

 

今までは、今生きてる世界から未来に向かっての選択肢が主であったが、今は未来と過去を見ながら選択ができるようになった。

 

ここ10年くらい車にはもう満足してしまって、車を変えていない。

 

この気分が許されるようになったのは、オーバースペック時代に生きているからではないだろうか。

 

 

選択肢の幅が明らかに広がっている。

 

世間の目とか他人からの評価を明らかに気にしなくなったし、みんなで同じという文化も壊れつつあるように感じる。

 

本当は家もそうだ。

 

最近は、白っぽいこういう感じの家が増えたよね。

 

(これ、ネットの一番上にあったやつを取ってきただけだから、これをどうこう言ってるんじゃない)

 

だけど、もし幸せになろうと思ったら、もっと全範囲から選んだ方がいいのではないだろうか?

 

例えば、世田谷ベースの影響でこれからガレージ倉庫付きの家が増えてくると思うのだが、それだと土俵に乗ってしまう。

 

俺なら、自分で引いてきた川の上に家を建てるとか、そとにこういうハンモック立てるとか、

 

竹とガラスで家を建てるとか、なんか色々考えると思う。

 

 

今の俺がいる場所もそうなんだよ。

 

俺は安い事務所を借りて1人で仕事をしている。

 

この安い事務所が俺に与える幸せがすごい。

 

「こんなに安くていいのか?」という幸せを毎日のように思い出す。

 

広いので、一部はVR卓球用に開けてある。

 

さらに誰かが来ても飲めるように冷蔵庫も買った。

 

俺に必要なものしか置いていない。

 

これはね、俺の基地なんだよ。

 

基地で仕事できるなんて最高じゃないか。

 

 

 

安いとか高いとか、ここから選ばないといけないとか、そういうものが減ってきて、本当に自分の嗜好で選択できる時代になったので、ありがたく思う。

 

少しでも固定概念や世の常識にとらわれない方が幸せになれると思うので、視野をどんどん広げていきたいと思っている。

円が安くてえ〜〜ん( ; ; )

円が安すぎる。

 

国力が落ちすぎてるのかも。

 

だからといって日本が復活する理由がない。

 

俺が政治家ならベビーラッシュ政策するが、そんなに単純でもないのだろう。

 

どこまで安くなっていくのか?

 

 

日本がフィリピンやネパールみたいになったらビビってしまう。

 

海外の貧しい国の中で幸せそうにしていた人たちの真似をするしかないようだ。

忙しいは正義

去年は週に3コマしか授業してなかった割には、他のことがそんなにできていなかった。

 

今年の方が忙しいのに、仕事は早く進んでいる気がする。

 

忙しいが故に、空いた時間になんとか仕事を進めておきたいと思ってしまう。

 

これが正しい。

 

忙しい方がいいよね。

 

忙しいとお金を使わなくてすむし、なんか社会に貢献できてる気もする。

 

信用も蓄積されるし。

 

本だって忙しい今の方がたくさん読めている。

 

これで正しい。

 

 

 

あとは、この難しくなってしまった化学をどうするかってことと、中学生だな。

 

今年は忙しめでがんばりたい。

 

 

海外に行き過ぎてるので、今年は減らしたい気分だ。

なんでもやる。

とにかく気になることは全部やる。

 

我慢もしない。

 

 

最近、ルームランナーを買ったのだが、1回走っただけで使うのをやめた。

 

人生2回目のルームランナーだったが、使わないことがよくわかった。

 

 

肩が痛かったのでぶら下がり健康器を買った。

 

2回使ったら肩が治った。

 

治ったのでもう使わない。

 

 

ウォーターサーバーを買った。

 

冷たい水が美味しい。

 

買ってよかった。

 

 

モチベーショントークをまたやることにした。

 

みんなに頑張ることを伝えられて嬉しい。

 

毎日やろう。

 

 

来週、タイに行く。

 

タイランドパスやらテストアンドゴーやらちょっと面倒だった。

 

久しぶりに行ってどんな気分なのか楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

後悔しないように生きる。

 

気になってることは全部やる。

 

人にわからないマイルール

「ご苦労さま」のように、世の中に存在しているのだがあまり使わない方がいい言葉がある。

 

今まで生きてきて、これは使わない方がいいなと感じた言葉がいくつかある。

 

だから俺は、その言葉を使っても大丈夫なシーンだという確信がない限り使わない。

 

使わない方がいいと思っている言葉がマイルールとして存在している。

 

その中のひとつを紹介したい。

 

 

「それより」である。

 

それよりというのは、結構恐ろしい言葉だ。

 

特に2人で話す時は気をつけないといけない。

 

本人はいいアイデアを出しているつもりなのだが、相手の意見を「それより」という言葉で否定しているからだ。

 

 

「ねえ、近所にアイスクリーム屋さんができたらしいんだけど、一緒に行かない?」

 

「それより、映画はどう?」

 

 

なんでもない会話のように見えるが、アイスクリームのアイデアを出した人は瞬時に否定されている。

 

アイスクリームの人の気持ちになると、せっかく誘った気持ちを認めてもらえる瞬間もなく、否定されているのだ。

 

 

 

俺はこう言うように心がけている。

 

「ねえ、近所のアイスクリーム屋さんができたらしいんだけど、一緒に行かない?」

 

「いいねえ、ブルーハワイとか結構美味しそう。あっ、それか映画見るとかも楽しいかも?」

 

 

人と人とのコミュニケーションツールは言葉だ。

 

相当な信頼関係や、明らかな上下関係がないときには言葉を選ぶことは大事なことだと俺は思ってる。

 

マイルールがたくさんある人の方が、人に優しいのではないかと俺は思っている。

小さい子供の世界。

子供が小さいと、子供の相手はほとんどママになる。

 

ずっとママといても子供は幸せだ。

 

それは知っている世界が狭いからだ。

 

 

視野や行動範囲を広げることは必ずしもいいことではないと思う。

 

田舎の小さな集落で、毎日楽しく暮らしてるとする。

 

それだったら、仮想通貨がどうなろうとロシアが何しても関係ないのだ。

 

昔、ホームステイしたタイの少数民族の村はみんなが集まってそれなりに楽しそうだった。

 

今は、道も舗装され電気も通り、普通の服を着た人が車で訪れるようになった。

 

お金は少し増えたかもしれないが、幸せも一緒に増えたとは思えない。

 

 

もしも、Netflixが大好きだったら、それを見ながらお茶を飲んだり、昼寝したりする生活もきっと楽しいだろう。

 

ブランドの服も、高価な食事も金額に見合うほどの幸せを運んできているとは思えない。

 

 

 

俺は友人の数が少ない人を信用している。

 

友達は多いほどいいと思って育ったのにも関わらずだ。

 

 

視野、というか生活範囲は狭い方が幸せになれるのではないかと最近思っている。

ターゲティング。

俺はこの仕事を広角にやるつもりはない。

 

地域ベタベタに密着していく。

 

それを決めたらやることは色々決まってくる。

 

例えば、ブログやツイッターの視聴回数なんか俺にとってもはや無意味になる。

 

それ以上に重要なことは、必要な人にどれだけピンポイントで情報を届ける工夫をするかということだ。

 

俺のお客さんは、この辺にしかいないわけだから東日本にファンがいっぱいできても全くしょうがない。

 

自分の言葉を本当に届けたい人は、半径10キロ以内にしかいない。

 

だから、今の塾生や親御さん、卒塾生を大事にすることが正しいと言える。

 

 

俺は同時に、東京と新潟と大阪と金沢と山口と福岡で授業してたからわかる。

 

都会と田舎では勝負の仕方が全然違うし、ライバルも全然違う。

 

商圏の広さも全く違う。

 

 

田舎者は都会に憧れたり、全国全域をターゲティングにしたくなる。

 

また、小さい塾はチャンスがあったら塾を大きくしたいと思うかもしれない。

 

だけど、自分に一番合うサイズで仕事することが一番効率がいい。

 

実際、塾を大きくしすぎると固定費がすさまじくなって、ぶっ飛びやすくなることは生徒ゼロからグループ1000人規模まで増やしてきたからよくわかる。

 

もしも生徒が1000人とかいたら、俺には絶対に無理だし、そんなことになったら安くてもいいからバイアウトしたいと心から思うことだろう。

 

 

人のことが羨ましいと全く思わなくなった。

 

全国で有名にもなりたくないし、テレビにも絶対に出たくない。

 

自分がハッピーなのが周りもハッピー。

 

 

ま、そういうことだ。

 

今日、ブースター接種した。

今日、フィリピン英会話をやっていたら、フィリピン人の先生が「ワクチン打つと将来何が起こるかわからないから、打ってない。」という。

 

親族も全員打ってないという。

 

打つ打たないは自分の自由だからどちらでもいいのだが、言わしてもらおう。

 

「俺はそういうお前が大嫌いだ。」

 

将来何があるか心配なのはお前だけじゃない。

 

俺だって心配だ。

 

だから俺だって打たなくてすむものは打ちたくない。

 

だって、人類史上未知なる挑戦なのだから、リスクはあるに決まっている。

 

ただ、みんなで集団免疫を獲得しようと自己犠牲的に頑張っている中で、自分のことだけしか考えられないやつが嫌いなのだ。

 

 

そもそも全員が打たなかったら、集団免疫なんか得られない。

 

「打つ人が打てばいい。私はそういうバカ達の中で正しい選択をして生きるわ。」

 

って話がおかしいだろう。

 

他の人が打ってるから、お前にも伝染りにくくなってるんだっての。

 

俺は自分自身ためになんか1ミクロンも打ってない。

 

車のスモールライトと全く同じで、他人のために打ってるのだ。

 

もっと言い換えると、この先生みたいに自分勝手なバカなやつのために打っている。

 

 

 

自分のことしか考えられないやつは、将来きっと裏切ってくるからそういうやつとは絶対に仕事したくない。

 

そういうやつとは助け合いたいと思わない。

 

ちょっとむかついたので書いてみた。

 

 

相手のことを思いやりましょう。

・時間のバリュー増大説

世の中は暮らすだけなら十分に物が揃ってきた時代になったと思う。

 

iPhoneと同じ。

 

必要な機能は基本的にほぼ実装されて、オーバースペックの競争時代に入ったと思う。

 

そうなってくると、もしかしたら時間のプライオリティが上がったのではないかと考えるようになった。

 

time is money という言葉があるが、若干大袈裟な言葉だなと思っていた。

 

時間はお金のように大切であるという意味だ。

 

だが、時間の重要性が増大してくると、

 

money is time

 

になることはないだろうか?

 

ものが揃うオーバースペック時代にはお金の価値が相対的に下がってくると思う。

 

iPhoneのカメラの画素数が無限に上がっていくことに、価値が比例するとは思えない。

 

結局、ルイヴィトンのバッグが直接幸せを運んでくれてるわけではないことに気がつく。

 

バッグを持ってることで、みんなに対して優越感が働いたり、バッグをみんなが褒めてくれることが幸せなのだとわかってくる。

 

こういうタイプの幸せはおそらく、インスタのフォロワー数でも代用できるはずだ。

 

 

時間のバリューが上がってきたら、いかに早く着手できるか、いかに早く完成できるかということが重要になる。

 

 

 

つづく

 

なぜ時間の価値が上がってると思うのか、そこについてはまた今度書こうと思う。

仕事を趣味化するために..

仕事が趣味だといいことしかない。

 

まず、仕事すること自体が楽しいから、仕事にかける時間が長くなる。

 

それによってお金を使ったりすることがなくなる。

 

ただ、仕事を趣味というか楽しみに変えるにはいくつかの欲を満たさないといけないだろう。

 

一つはおそらく顕示欲。

 

「いいね」の存在でもわかるように、人は誰しも顕示したい生き物だと思う。

 

それはおそらくただの承認欲求を通り越して、ドーパミンがじゃぶじゃぶ出てくるのだと思う。

 

逆にいうと顕示できる形にすれば、それがトリガーになって仕事が進むはずだ。

 

ただ、顕示欲を満たす仕事のやり方を模索するのも大の大人としてはみっともない。

 

というわけでもっといい方法考え中。

学習の二極化

俺的、塾予備校の未来予想

 

 

塾や予備校などの教育産業は、地域密着と全国スタイルにどんどん分かれていくと思う。

 

全国スタイルはネットを通してになるはずだ。

 

地域密着は、ベタベタに密着するしかない。

 

中間のスタイルは淘汰されるか、もしくは縮小かな。

 

T進のようなやり方は、ネットの中でも完結できる気がする。

 

地方ではT進が強いと思うのだが、きっとスタディサプリなどと広域戦になるよね。

 

俺がT進なら、オンラインの教室をどんどん増やして広告打ちまくると思うし。

 

T塾は、地方ではパッとしなかった感じ。

 

今からまたがんばらないといけないね。

 

 

 

俺?

 

俺はベタベタの地域密着で行く。

 

当たり前のことだ。

 

 

24時間営業

ケクレは寝ている間に、6匹の蛇の夢を見てベンゼンの形を閃いたと言われている。

 

一般的には眠っている間も、脳は寝ていなくて潜在領域で考え続けていると言われている。

 

朝起きた瞬間にひらめたりするのはそのためだ。

 

朝起きた瞬間、あるいは風呂に入ってる間、トイレの最中などに閃かせるようにするためには、潜在領域に思考を落とし込まないといけない。

 

そのためにはいつも考えていないといけないということになる。

 

よく考えたら、昔は俺もずっと考えていた。

 

いつの間にか慣れてしまって、思考を止めていた。

 

俺らみたいに20年も塾をやっていると、地元のある程度の人から認知されるようになる。

 

その上にあぐらをかいて仕事をしているようでは思考が止まる。

 

やっぱり24時間だ。

 

 

24時間いつもいつも考え続けることにしよう。

推敲

経営勘が少しずつ戻ってきた。

 

イデアを出して、そのアイデアである程度の粘るのはいいのだが、ホームランが出るときはそんな感じじゃないのだ。

 

一発でわかる。

 

瞬間でわかる。

 

だから粘るよりはアイデアをどんどん出して実行していく方がいつか当たる気がする。

 

むしろ出したアイデアを少し寝かせたり、推敲する方が大事だろう。

 

時間をかけるのは行動してからじゃない。

 

全く行動する前だ。

 

 

柳井社長でさえ1勝9敗。

 

俺も10個のアイデアを考えて勝負したいと思う。

 

 

今はどんどん湧いてきているのでいい感じだ。

 

 

 

 

アイデアの時代・

AIがどんどん我々の世界に入ってくるとしたら、AIが入ってくることがきない型を構築しておけば、ダメージをミニマムにすることができる。

 

例えばコロナである。

 

コロナによって大打撃を受けた塾とほとんど変わらなかった塾、いやむしろ生徒数を増やした塾がある。

 

変化にスピーディーに対応できたかどうかだ。

 

 

今からAIが色々な分野により深く入ってくるだろう。

 

AI率が上がってもやめられない塾を作ろう。

 

AIが苦手の分野、例えば個々に関して使い分けたり、ひらめきや雰囲気を読むことなどだ。

 

「今日は元気なかったね。どうしたの?」「最近、この問題が苦手だからこういうのを多めに出しとこうね。」

 

これからは同業者だけがライバルじゃないことを強く意識しなければならない。

 

ライバルは動画授業であり、ライバルはYouTubeであり、ライバルはAIなのだ。

 

戦い始めて気がつくのではなく、きちんとできるときに準備をすべきであると思っている。