ネコ VS  俺

ラオスでの俺様の武勇伝を書きたい。

 

今年は卒塾旅行でラオスに行くことが決まった。

 

そこで、調査のために塾のグループのメンバー10人でラオスに行った時の話だ。

 

 

ラオスのエレファントキャンプで、俺らは飯を食っていた。

 

にゃ〜❤️

 

可愛い声が聞こえてるのと同時に、俺の足に柔らかいものが当たった。

 

おお、子猫じゃん。

 

可愛い子猫が飯をねだりに来ていた。

 

 

俺は動物に餌をやるのがとにかく大好きなので、自分の食ってるもののうち、ネコが食べれそうなものを探した。

 

チャーハンの中に入っているチキンの細切れ。

 

これいけるじゃん。

 

 

はい、どうぞ。

 

ギャー。

 

鬼のような形相でネコが俺の肉に食いついた。

 

あれ?

 

可愛い子猫ちゃん、野性味あふれすぎてない?

 

 

基本は可愛いのだが、食うときの勢いが野生すぎる。

 

もう一切れやろうかな...

 

 

ネコが手を伸ばして俺の餌を早く取ろうとしたおかげで、指を小さく引っかかれてしまった。

 

小さい傷なのだが、血が割と出てくる。

 

面倒くせえな。

 

このやろう、餌をくれた人間を攻撃しやがって、あっち行け。

 

 

俺は足でネコを払って、ドローへと持ち込んだ。

 

 

 

そして、次の日。

 

顔を洗っているときに、自分の異変に気付いた。

 

なんと顎のリンパ腺が片方だけ腫れているのだ。

 

え?

 

これはいかんよ。

 

こんなところで、わけのわからない風土病になることはやばいよ。

 

 

すぐに病院を探した。

 

ゆっくり綺麗な英語を話してくれる、感じのいいお医者さんだ。

 

この先生なら安心だ。

 

 

そして症状と昨日のことをお医者さんに話した。

 

その後の診断までわずか1秒。

 

「Cat scratch disease.」

 

猫ひっかき病?

 

なんじゃそれは。

 

 

猫にひっかかれると、菌がリンパに入って来て腫れることがあるらしい。

 

念のために狂犬病などの注射も2発打ってもらって終了した。

 

リンパ線は抗生物質をもらって、数時間後には治った。

 

 

 

ネコ vs  俺。

 

0勝1敗か....