あの日。

塾の先生や予備校の先生で工業高校だった先生は少ないと思う。

 

俺は中学の時に、工業高校に行くことを決めたのだが、学科だけはよく知らなかった。

 

というか興味がなかった。

 

でも、理科で一番嫌いなのは化学式だった。

 

その頃はあまり勉強していなくて、化学式という言葉もあまりわかっていなかったし、何より工業高校の中で唯一女の子がいる学科に行きたかった。

 

高校の最初の化学の授業で、化学式が出てきたとき「あのCH3COOHのやつか..(化学という言葉をあまりわかっていなかったので。)」

 

「俺の嫌いなやつやん。」

 

「こんなの3年も勉強できるんかいな?」

 

そう思ったけど、不思議なことに化学の成績がどんどん上がっていって、ずっと化学の仕事をしている。

 

15歳で化学の道に進んでから、ずっと化学で食っている。

 

本当に不思議だ。

 

 

化学が嫌いな人は、ただ単にわからないからだけに過ぎないと思う。

 

濃度の計算ができたり、化学反応式が書けるようになったりすると、きっと好きになって来ると思う。

 

 

今までは、トップの生徒を対象に教えてきたけど、これからは全範囲に向けて説明していかないといけない。

 

あっ。とりあえず春に化学基礎の本出すことになった。

 

なんとゴロゴのアルス工房から。

 

 

 

俺がゴロゴシリーズ?

 

.....合うんかいな。

 

今の日本中の中3のみんなが思わず買ってしまう本を書こうかなと考え中。