時は金なりの意味。

巷では仮想通貨なるものが、話題を集めている。

 

しかし、紙幣だって管理通貨制度の元では仮想通貨だと思うのだ。

 

1万円札の紙切れに1万円の価値はない。

 

でも、国が「それで1万円のもの買えますよ。」と保証しているから、その紙に1万円の価値が付与されている。

 

そしてみんなは当たり前のように紙幣を使っている。

 

 

 

例えば、普通の財布は1万円もしないだろう。

 

ここにLVのマークがついただけで、いきなり8万円とかに跳ね上がってしまう。

 

もちろん耐久性や使い勝手は格段に良くなると思うが、それに8万円払っているわけではないと思う。

 

「私はヴィトンなの。」という優越感に8万円を払ってる人が多いのではないだろうか。

 

ベンツだってそうだろう。

 

トヨタの性能にベンツが必ず勝つということはないと思うのだ。

 

「俺はベンツだ。」というところにお金を払っているんだと思う。

 

 

ってことは、お金が支払われている対象は気分であることになる。

 

気分にお金を払っている?

 

じゃあ、そのお金はどうやって自分の元に来ているのか?

 

よくよく考えてみると、自分の時間を換金していることに気づく。

 

働くことでお金を得ていると言うことは、時間を使ってお金を儲けていると言うことに他ならない。

 

時間を換金?

 

だけど重要なことは、人によってレートが違うと思うのだ。

 

 

通常のバイトの時給が850円だとする。

 

バイトをしている人は、1時間の時間を売って850円のものを手に入れることができるようになる。

 

例えば俺の時給を計算してみようか?

 

俺の授業は1回1.5時間で週4回。それで月謝1万円の20人授業。

 

時給は3万3千円だ。

 

もしも俺の授業で850円稼ごうと思ったら、1分32秒で稼げてしまう。

 

例えば、3万円のものが欲しいとする。

 

バイト君は35時間働かないといけない。

 

だけど俺だと1時間もかからない。

 

 

これを全部に広げてみる。

 

計算が楽なように俺の時給が1万円だったとしてみよう。

 

そうすると俺の1時間の価値が1万円ということになる。

 

俺は1時間を1万円に換金できる。

 

寝てる間も、本来なら授業ができたかもしれないわけだから、7時間寝ると7時間の機会損失(本来もらえるはずだったお金をもらえないことによる損)を起こしていることになる。

 

授業して一生懸命に頑張っている時も、ぼーっとしている時も、時間は平等に流れているはずなのに、使い方が全く違うことになる。

 

ってことは、俺は1万円払って1時間ぼーっとしていることになってしまう。

 

俺がぼーっとしている1日と新品のiPhoneXは全く同じ価値..........。

 

やばい。

 

さすがにやばいでしょ。

 

それにとうとう気づいてしまったのだよ俺は。

 

 

 

 

そしてこれを防ぐために俺は考える。

 

なぜバイト君の時給は850円で俺の時給は1万円なのか?

 

それはその分、俺が頭を使って来たからであるということに気づく。

 

おお、俺は他の人よりリスクをとったり、勉強したり、努力したりしたから時給が上がったのか?

 

すると時間の使い方は、俺が思っているより重要なのではないか?

 

時は金なりって言うけど、金なりどころの話ではないのではないだろうか?

 

下手したら、時間はお金に比例しているんじゃなく、2乗とかに比例しているのかもしれない。

 

めっちゃ時間って重要じゃん。

 

 

お金を一番大事に使っているのは受験生だと思う。

 

1日ごとに詰め込める限界の知識を詰め込んでいるのだ。

 

それを俺はジェット気流の生息域と呼ぶ。

 

ものすごいスピードで時間を動いているはずだ。

 

それに比べると今の俺の時間の使い方は、太った豚の生息域でしかない。

 

眠くなったら寝て、起きたいときに起きる。

 

時間になったら仕事に行って、仕事がすんだら酒を飲む。

 

おい!

 

大丈夫か?俺は。

 

俺の行き先はクルクルパーか?

 

 

もっと時間の中での移動速度を速めなければ、俺の価値を高めることができない。

 

ほぼ何もせずにぼーっと一生を終える人もいるかもしれない。

 

ジョブズのように、世界に影響を与えている人もいるだろう。

 

同じ時間が流れているにもかかわらず、生息域が違うのだ、違いすぎるのだ。

 

 

と言うわけで俺は昨日から、時間の生息域を移動した。

 

今の俺は「小走りしてるおばさん。」の生息域にいる設定にした。

 

小走りを舐めてはいけない。

 

 

太った豚よりも随分進んでいる。

 

俺は小走りしている。

 

普通に歩いている人も時間が経てば、俺が前に離れていっていることに気づくだろう。

 

 

 

だから、先週に比べて全ての時間の価値が上がっているはずだ。

 

時給を考えながら動いていくと、自分の中で矛盾が解決して頑張れることが多い。

 

お前も頑張ってくれ。

 

 

とりあえず俺も小走り続けてみるから。