無駄。

受験生って本当に不思議だと思うことがある。

 

受験生っていうより子供だからなのかもしれない。

 

睡眠時間をギリギリまで削っているのに、友達とは楽しそうに談笑していることがある。

 

気持ちはわかるが、眠いでしょ?

 

毎日きついでしょ?

 

だったら、ダベってる時間を極力減らすことはとても大事なことだと思う。

 

もはや2ヶ月前を切っているのだ。

 

全力疾走時期なのだ。

 

 

高校入試は誰が落ちそうで誰が受かりそうか大体わかるのだが、大学入試は何年やってもよくわからない。

 

箱根駅伝のように、急に足が動かなくなったり、区間賞候補が大ブレーキしたり、突然自己新出したりすることもある。

 

でも、俺らにできることはいっぱい応援することと、経験から「こうすれば合格しやすい。」という方法を示すくらいしかないと思う。

 

 

無駄なことは減らせる範囲で減らした方がいい。

 

睡眠を削るのは一番最後の話だ。

 

 

センターの最終日に自然に絶命するくらいの努力がベストだと思っている。

 

頑張れ。