頑張るの程度。

大学時代の友達で、「もうこれ以上頑張れません。」ってやつがいた。

 

俺からみてると、全然頑張っていないように見えるのだが、「一生懸命に頑張った。」という。

 

「もっとやれ。」というと「もう一生懸命に頑張った。」という。

 

そいつはきっと嘘をついていない。

 

だから、頑張ることの定義が人によって違うんだろうと思う。

 

 

俺の高校時代の友達はみんな高卒だったので、受験勉強をやっていないと思う。

 

だとすると、勉強で頑張らずに一生を終えるやつも多いってことになる。

 

あるいは、俺が1週間くらい本気出したら合格する程度の試験で、「超難しかった。」とかいう人もいると思う。

 

受験のスパンは最低でも1年だろう。

 

1年以上かけて勉強しまくって臨むのが受験だと思う。

 

この発狂しそうな生活の中に、自分のダイヤモンドを見つけていくものだと思っている。

 

受験勉強等でめっちゃ頑張ったやつは、頑張りの程度がわかる。

 

これくらいならなんとかできそうだ。

 

これくらいだと不可能だ。

 

なんとかできそうってのは、徹夜とかしてなんとかするってことなのだが...

 

 

俺は自分の生徒にはちょっと頑張った程度で、「頑張りました。」って思うやつになって欲しくないと思う。

 

本当はもっとすごいことができるかもしれない。

 

本当は何かになれるかもしれない。

 

 

受験勉強からしっかりそれを学んで欲しいと思っている。

 

俺も仲間のみんなを巻き込んで忙しい日々が続いている。

 

 

忙しいけど、全然まだまだできる。

 

今日も11時から授業スタートだ。

 

少しずつの隙間時間で自分のことをやるしかない。

 

 

頑張りたいと思っている。