歯を抜いた。

歯を抜いたが、いいことしかなかった。

 

歯を抜いてくれた先生は、塾生のお父さんだった。

 

その日、たまたま歯学部の学生が研修で来ていたのだが、俺についてくれた学生は、俺の本で勉強してたらしく「化学だけは良かったです。おかげで歯学部に入れました。」と言ってくれた。

 

帰りに皮膚科の先生とすれ違ったのだが、「せんせー。」と声をかけられた。

 

見ると卒塾生だった。

 

もうお医者さんになったんだね。

 

 

地元でこの仕事をしていると知り合いがたくさん増えてくる。

 

ありがたいことだ。

 

卒塾生の親御さんが知り合いをご紹介くださって、またその知り合いが、みたいな感じで15年間やってこれた。

 

塾は勉強を教えるのが仕事だと思うが、結局人対ひとだと思うのだ。

 

 

人工知能はどんどん発達していくだろう。

 

でも多くのことは、理屈でなく感情で成り立っていると思うのだ。

 

 

俺の周りには嫌いなヤツはいない。

 

好きなヤツとだけ生きている。

 

だから、俺から勝手に好きですオーラが360度に撒き散らされているはずだ。

 

実力が足りなかったり、授業が下手だったり、うまくいかない時もあるかもしれないが、一生懸命に相手のことを思う姿勢はきっと伝わると思うのだ。

 

これからも頑張っていきたい。