さらば俺の親知らず。

今から抜歯だ。

 

横になって埋没している親知らずを抜きに行く(早くすんだらiPhoneとりに行こう)。

 

この親知らずは全くなんの問題もなく俺の歯茎の中にいるのだが、俺は80歳の時に20本の自分の歯を残そうと考えているので、不安因子は全て排除する。

 

わざわざ歯を抜いて健康な今の状態から、不健康な状態に志願してなるのである。

 

小さい頃、親の教育が悪くてほとんど歯を磨かなかった。

 

高校生からはきちんとやってるのだが(メンテナンス等も)、さすがに小さい時から虫歯治療を繰り返して来たので、虫歯なしで大きくなった人に憧れてしまう。

 

 

歯だけではない。

 

小さい頃の何かは親が決めている。

 

塾に子供を行かせることだって、子供たちの親御さんが決めている。

 

今の子供は「当たり前」と思って塾に行ってるかもしれないが、自分が大人になったら子供を塾に行かせられるかどうかはわからない。

 

俺は今、俺の意思で色々なことを考え、そして決めている。

 

歯を大事にすることも自分で決めている。

 

 

さてと.....

 

もうすぐだな。

 

 

もう少ししたら、今まであったものがなくなる新生みかみ一桜になる。

 

それは楽しみなのだが、口が痛くて開かなかったら授業どうしよう。

 

それがちょっと心配なところだ。