日本一になる。

「日本一になる。」

 

俺が10年くらい前。

 

初めて書いたブログのハンドルネームだ。

 

あの頃の俺は本当に日本一を目指してたからね。

 

自分だったら何でもできると思ってた。

 

 

 

今は日本一になろうとは思わなくなった。

 

だってすでに幸せなんだもん。

 

 

日本一になるためには、何かを差し出さなければいけない。

 

俺は差し出せるものがないんだよ。

 

 

時間だって、情熱だって。

 

あの頃みたいにハングリーじゃない。

 

俺が差し出すものは、あの頃よりも価値がついてしまった。

 

簡単に時間を差し出せるわけがない。

 

今の豊かさを手に入れるために、俺は昔の時間と情熱を差し出した。

 

せっかく手に入れたものをそう簡単に差し出せるわけがない。

 

 

でも、考えるようになった。

 

 

階段ってあるだろ?

 

あれって、一段上がらないと次の段に上がれない。

 

一発で上まで行くことはできない。

 

 

当時の俺は一発で上に行かれなかったんだじゃないだろうか?

 

俺の情熱や時間は、ポケットの中の小銭くらいの力しかなかったんじゃないだろうか?

 

俺はその小銭を全部差し出して、1000円札に変えた。

 

今度はポケットの1000円札を全部出す時なんじゃないかなあ。

 

 

次の段の上にはきっと日本一があるはず。

 

それを信じて次の段に挑んでもいいかって思う。

 

 

挑み方、勝ち方はすでにわかっている。

 

それを続けられる精神があるかどうかだ。

 

 

まだ誰もやってないこと。

 

誰も気づいてないこと、気づいている人がいたとしてもやっている人はいない。

 

 

頑張りたいなあ。

 

ああ、頑張りたい。

 

 

これを現実にする方法を今日から考えていこう。

 

 

今度は何がいるかわからないブルーオーシャンに出ていこうかと思っている。

 

すぐにレッドオーシャンに変わるのはわかるから、最初から赤いブルーオーシャンだと思って進んでいこう。

 

 

I CHEER ME UP.