問題を解くスピード。

俺は昔から問題を解くスピードにこだわっている。

 

テストは最初から解き終わるまで激集中して欲しいと思う。

 

もうペンの先からビームが出るくらいにだ。

 

 

俺も昔から速く解くことに異常に関心があって、とにかく速く書き込むことに命をかけていた。

 

国家試験なんかも、とにかく速く速くと思いながら激アツの集中力で書いてきた。

 

 

中学生をよく見てると、解くのが遅い子がいる。

 

もしも親御さんが子供達の意見を聞いたら、こんな風に子供は言うだろう。

 

「お母さん、私解くのが遅いから、なかなか点が上がらないの。」

 

ああ、この子は慎重に書き過ぎてるんだな。

 

とか、この子は解くのが遅いのね。

 

って思うだろう。

 

 

それは違う。

 

同時にたくさんの生徒を見ていると、なぜ遅いかということに気づいてしまう。

 

書くスピードや解くスピードはそれほど個人差がない。

 

それよりも、なぜ?と思える場所で休憩しているのである。

 

解いてるはずの時間にだ。

 

シャーペンを見てみたり、指を触ってみたり、景色を見たり。

 

明らかに問題文は見ていない。

 

ぼーっとしている、つまりテストの世界から離れている時間が存在している。

 

 

俺は思うのだ。

 

限られた時間の中で、貪欲に点を奪い取りにいって欲しいと。

 

時間いっぱいカツカツにテストをやって欲しい。

 

自分の子供だけだと、他の子との違いがわからない。

 

そういう情報も発信するのが学びの場所だと思うし、そういう傾向を減らしていくのも俺らの仕事だと思っている。

 

俺は塾の子たちだけ勝てばいいと思って、授業をしている。

 

塾の子だけ合格して欲しいと思っている。

 

だから、できるだけ自分の塾の子を強くしたい。

 

 

他の子が見たら、しょんべんチビって泣きわめくくらいのオーラを纏って欲しい。

 

高校入試はあと5ヶ月を切った。

 

センターは約3ヶ月後だ。

 

 

 

いろいろな方法で、自分の子供たちが負けないように、おまけをつけてあげたいと思っている。

 

俺の塾の名は炎集団。

 

熱く燃えまくるしかないぜ。