発展途上国と先進国

外人と話してると発展途上国は developing country と呼んでいる。

 

これは発展している国という感じを受ける。

 

日本で「発展途上国」っていうと発展が遅れている感じがするが、会話の中でdeveloping country と言われると「発展中の国」的に頭の中で訳してしまう。

 

そして「先進国」は日本では進んでいる国という意味だろう。

 

じゃあ、advanced country って訳して欲しいのだが developed country って言ってるね。

 

発展し終えた国って聞こえてしまう。

 

英語の方が当たってる感じがする。

 

特に今の日本は発展し終えた国だろう。

 

このことを感じてる若い和橋達が東南アジアにガンガン入っている。

 

ネパールとかモンゴルとか、横にはあんまりそれていない。

 

中国、タイ、ベトナムカンボジアそして今はミャンマーが熱いよね。

 

ラオスにはそこまで和橋がいない気がする。

 

これからバングラとか行くんだろうね。

 

 

さて、俺は割と心配性なので自分の未来への不安を感じている。

 

仕事も結構リスクヘッジしながらやって来た。

 

そのリスクヘッジもそろそろグローバルに考えとかないといけないなあって気がしている。

 

 

俺が初めて行ったときのシンガポール発展途上国だった。

 

レベルでいうと今のミャンマーくらいだ。

 

マリーナ地区なんかガラッガラだった。

 

でも、いつ行ってもあちこちで大工事をしていた。

 

今どう?

 

たった20年くらいで様変わりしてしまった。

 

東大はシンガポール大学に抜かれ、一人当たりのGDPも抜かれた。

 

他の国もすごいスピードで発展している。

 

俺はカンボジアとかタイとか韓国とかは、10年以上毎年何回かずつ行き続けている。

 

台湾とか韓国とかほとんど変わってないもんね。

 

でも、東南アジアは行くたびに変わっていく。

 

 

日本の市場は人口が減って来ているので、小さくなっている。

 

そろそろ人生の生活設計をグローバルで考えないといけないんじゃないかと思い中だ。

 

 

とりあえず海外に口座を開いてみよう。

 

よく行く国の数カ国に少しだけ貯金してみようと思う。

 

システムとかを学ぶためだ。

 

あとはリタイアメントビザも一応考えとこうかな。

 

リタイアメントビザに関しては今更と思う人もいると思うが、今更で問題ない。

 

だって俺は海外に住むつもりは今のところないからだ。

 

なんせ日本食が一番うまいしね。

 

 

幸い俺はいくつかの国にすごく親しい外人がいる。

 

ビジネスもまた考えようかな....

 

 

とか思い中。