お前が幸せになるために...1

幸せとはなんなのか?結構考える。

 

俺は幸せに関しては3つの考えを持っている。

 

今日はそれの一つを書いてみたい。

 

「人は幸せを微分値で感じる。」by みかみ

 

ということだ。

 

ストック(貯蔵値)とフロー(流動値)でいうとフローの概念だ。

 

俺は塾の先生、少し分かりやすく書いてみようか。

 

 

 

お前がラーメン屋を開いたとするだろう。

 

お客さんが数日間一人も来てくれなかった。

 

ところがある日、初めてのお客さんが来てくれた。

 

絶対に嬉しいだろう。

 

だって、ゼロだったものが1になったわけだ。

 

これで明日からやって行ける可能性が見えた。

 

なんと次の日は2人

 

やったー。これはイケるぞ!

 

そして次の日は3人。

 

そして次の日は5人来てくれた。

 

毎日毎日幸せ感に包まれるはずだ。

 

3ヶ月後、100人になった。

 

毎日嬉しすぎる。

 

2店舗目を出してみた。

 

..うまくいった。

 

3店舗目、4店舗目、...............100店舗目。

 

もはやお前は成功者だ。

 

周囲からの羨望の眼差しと、誇らしい気持ちに満ち溢れる自分に気がつくだろう。

 

その通り。

 

 

...ところがある日、お客さんが減った。

 

毎日100人のお客さんが100店舗に来てくれていた。

 

毎日1万人のお客さんが来てくれていたのに、なんと9800人に減ったという。

 

どう感じるだろう?

 

最初はストックが1人しかいなかった。

 

今は9800人もいるわけだから本来は、最初の時より9800倍幸せであってもいいはずだ。

 

でも、1人が2人になった時はあれほど嬉しかったのに、9800人も客がいるはずのお前は今、不幸になっている。

 

わかろうだろうか?

 

微分値とはグラフの傾きなのである。

 

傾きが増している時は正の値、減っている時は負の値になる。

 

現状維持では微分値ゼロだ。

 

さらに人間は幸せより不幸の方が大きく感じられる。

 

幸せの傾きをマイナスにしないことが重要だ。

 

俺はいつもそれに気をつけている。

 

 

「先生、幸せそうですね。」「先生になりたいです。」そういう声をよくかけられる。

 

俺は幸せだ。

 

間違い無いだろう。

 

俺の微分値はいつも正の値なのだから。

 

 

 

どうすればいいのか事例で説明する。

 

例えば、塾の経営で俺は絶対に生徒を増やし過ぎない。

 

俺は、塾の生徒数は自分の実力に比べて必ず少なくなるようにしている。

 

もし、一人か二人生徒が減ったとしても、自分の力ですぐに元に戻せるように。

 

調子に乗って、生徒を増やし過ぎてしまったとするだろう。

 

減り始めたら止まらない。

 

そうなると焦ってしまって、打つ手が全て悪手になってしまうだろう。

 

 

海外旅行だってそうだ。

 

例えば、スペインに憧れているとする。

 

念願のスペインにある日行くことができた。

 

夢のようだ。

 

でも、そこに住んでしまったらどうだろう。

 

少しずつ幸せグラフの傾きが小さくなっていって、ある日慣れてしまう。

 

慣れてしまったらどうなるか?

 

微分値がゼロになってしまうのだ。

 

その次は下がっていくしかないはず。

 

 

なんでもそう。

 

だから俺は微分値が永久に上に向くように、いつも感謝しながら生きている。

 

「前回より少し幸せだな。」

 

毎回毎回微分値が下がらないように、幸せなことを確認している。

 

だから、自然に楽しいし、みんなが俺をうらやましいと思ってしまう。

 

 

 

俺らは億万長者をうらやましいと思うが、お金が少しでも減っている億万長者は実は不幸なはずなのだ。

 

ストックが大きいことは幸せにはそれほど関係ないからだ。

 

ストックを意識するよりフローを意識して生きる方がきっと幸せになれるはず。

 

 

わかったか?

 

心の持ち方、考え方で幸せが寄って来るからな。

 

お前も幸せになれよ。